Menu
(0)

Search

DC映画『ナイトウィング』企画生存か、監督「まだ希望持っている」 ─ 当時の構想、バットマン登場の可能性を語る

ナイトウィング
Photo by Hannaford https://www.flickr.com/photos/27745117@N00/38755558624/ Remixed by THE RIVER

ワーナー・ブラザース/DCコミックスは、映画『ナイトウィング(仮題)』の実現をまだ諦めていない? 2017年ごろから準備されていた本作について、監督に就任していた『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』(2017)のクリス・マッケイが、企画の現状と当時の構想を語った。

ナイトウィング/ディック・グレイソンは少年時代に両親を殺され、大富豪ブルース・ウェイン/バットマンの養子となる。当初はロビンとしてバットマンと活動したが、独立してナイトウィングと名を改め、単独のヒーローとして活躍するのだ。『ナイトウィング』は、初めてディック・グレイソンを実写映画化する企画として予定されていた。

米Bear Caveのインタビューにて、マッケイは『ナイトウィング』について必要以上に多くを明かそうとはしていない。それは「現時点で、あの映画を作らないという話は聞かされていないから」だというのだ。企画は保留となっているが、マッケイは再開される可能性が高いと踏んでいるのである。

「今のところ、彼ら(ワーナー/DC)には別に優先したいものがあります。ワーナーとしては、たくさんの計画を何度も変更する必要があった。いろんな作品をやっているし、僕が『ナイトウィング』に参加した時も、マット・リーヴスの『ザ・バットマン』が動いていたんです。だから、僕は今でもあの映画を作るという希望を持っていますよ。希望的観測かもしれないけれど、“君が作ることはないから”とは誰にも言われていない。むしろ、現時点で優先順位が低いにせよ、ナイトウィングの映画を作りたいとは思われているでしょう。彼らにとっても重要なものだから。」

もともとマッケイの参加以前から、ワーナー/DCは「オザークへようこそ」(2017-)のビル・ドゥビュークを脚本に起用して『ナイトウィング』の企画にあたっていた。『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』の成功後、2017年にマッケイが参加したのち、脚本の目処が立ち、まずはプレゼンテーションとして予告映像を作る予定だったという。脚本の内容、マッケイの構想、DCの意向が盛り込まれる見込みだったが、これはとうとう完成しなかった。マッケイも示唆したように、『ジャスティス・リーグ』(2017)ののち、DC映画は幹部陣の再編、ラインナップの見直しを余儀なくされたのである。

『ナイトウィング』について、マッケイは「復讐映画であり、ナイトウィングとブルードヘイブンの街を登場させ、ヴィランもたくさん出てくる予定でした」と話している。一方、描きたかったのはディック・グレイソンの内面のドラマだったという。「悪い父親とともに育った男は、いかにして戦う青年になり、そこから離れようとして、再びその世界に引き戻されるのか。[中略]なぜ、どのようにナイトウィングになったかというアプローチには、気に入ったところがたくさんありました」。

したがってマッケイが目指したのは、あくまでもナイトウィング/ディック・グレイソンの独立した物語だったのだ。ナイトウィングにはバットマン/ブルース・ウェインの存在も重要だが、実現するにせよ「バットマンが出てくることは保証できない」という。「バットマンにせよ、別のキャラクターにせよ、登場の可能性はあります。けれど、僕たちが描きたいのはナイトウィング。必ずしも別の要素に繋げなくとも、ブルードヘイブンを舞台に、ディック・グレイソンと彼の世界を描く物語にできるところがいいんです」。

Source: Bear Cave

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly