Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』世界公開、2021年4月へ延期

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

007』シリーズ最新作007/ノー・タイム・トゥ・ダイの劇場公開が、2021年4月まで世界的に延期されることがわかった。

本国公式Twitterでの発表によると、新たな世界公開日は2021年4月2日。ただし、世界同時公開となるのか、最も早い国の公開日が4月2日になるのかは不明。なお、本記事の掲載時点で日本国内の情報は発表されていない。

本作は当初2020年4月10日(金)に日本公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、劇場公開が世界的に延期となっていた。英国では11月12日(木)、日本では11月20日(金)、米国では11月25日(水)に公開予定だったが、このたびの再延期によって、最初の計画から約1年の繰り下げとなった。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、シリーズ21作目『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)からジェームズ・ボンド役を演じてきたダニエル・クレイグにとって最後のボンド映画。脚本・監督は『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015)、ドラマ「トゥルー・ディテクティブ」のキャリー・ジョージ・フクナガが務め、主題歌にはビリー・アイリッシュがシリーズ史上最年少で起用された。

出演者にはダニエル・クレイグをはじめ、『007 スペクター』(2015)からマドレーヌ・スワン役のレア・セドゥ、エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役のクリストフ・ヴァルツ、『007 慰めの報酬』(2008)からフェリックス・ライター役のジェフリー・ライトが復帰。M役のレイフ・ファインズ、Q役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスも続投する。新キャストとして、“シリーズ最凶の悪役”サフィン役のラミ・マレック、「00」エージェント・ノミ役のラシャーナ・リンチ、パロマ役のアナ・デ・アルマスらが登場。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly