Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『Mr.ノーバディ』に『グッドフェローズ』のオマージュあり

Mr.ノーバディ
© 2021 UNIVERSAL STUDIOS and PERFECT UNIVERSE INVESTMENT INC. All Rights Reserved.

“何者でもない(NOBODY)”と思ってナメてたオジサンが、実は激強だったという痛快アクション・スリラーMr.ノーバディが公開中だ。この劇中には、マフィア映画の傑作『グッドフェローズ』(1990)のオマージュが存在している。

この記事には、『Mr.ノーバディ』のネタバレが含まれています。

ここで注目するのは、ロシアン・マフィアのボス、ユリアン・クズネツォフの初登場シーン。荒い運転で現れた黒塗りの車を降り、ひいきにしているナイトクラブへと入っていくシークエンスだ。ユリアンは行列のできた入り口から悠々と立ち入り、フロアに到着するとそのままステージに上がり、歌とダンスをノリノリで披露する。

このシークエンスでは、ユリアンの背中をカメラがワンカットで追うことにより、この悪役の豪胆無比さを紹介しているが、これは『グッドフェローズ』のオマージュなのだそう。筆者がイリヤ・ナイシュラー監督に尋ねてみると、「そうです。あれはオマージュです。傑作から引用しました」と認めた。

マーティン・スコセッシによる名作映画『グッドフェローズ』では、主人公のヘンリーが、まだ付き合いたてのカレンを連れて、ナイトクラブへ出かける有名なシーンがある。マフィアとして顔の効いたヘンリーは、車を降りると駐車場を待つこともなく係員に車を預け、行列の出来た正面入口は無視して、裏口からスイスイ通され、店内では特等席を用意される。マフィアの自由で豪華な夜遊びぶりを表した名シーンを、『Mr.ノーバディ』も参考にしたというわけだ。

ところで『グッドフェローズ』でのヘンリーは絶頂の日々を謳歌した後に追い込まれていくこととなる。『Mr.ノーバディ』のユリアンも劇中でどのようなラストを迎えたかを思い返すと、この2作はマフィアの盛者必衰ぶりも共通しているようだ。

あわせて読みたい
ボブ・オデンカークへのインタビューはこちら
イリヤ・ナイシュラー監督へのインタビューはこちら

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly