Menu
(0)

Search

ホアキン・フェニックス&ルーニー・マーラ、新作映画で再共演へ ─『ビューティフル・デイ』リン・ラムジー監督新作

ホアキン・フェニックス ルーニー・マーラ
Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Joaquin_Phoenix-2184.jpg | Leod23 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rooney-mara-2013-cfda-awards-03.jpg | Remixed by THE RIVER

ホアキン・フェニックスルーニー・マーラが、新作映画『Polaris(原題)』にて再共演を果たすようだ。監督を務めるのは『少年は残酷な弓を射る』(2011)などの鬼才リン・ラムジーで、ホアキンとは『ビューティフル・デイ』(2017)以来の共演となる。

プライベートではパートナーであるふたりは、スパイク・ジョーンズによる『her/世界でひとつの彼女』(2013)をはじめ、ガース・デイビスによる『マグダラのマリア』(2018)にて共演している。ラムジーとホアキンによる『ビューティフル・デイ』はカンヌ国際映画祭では、殺伐とした雰囲気と予想もつかない展開にて脚本賞、そしてホアキンによる鬼気迫る演技にて男優賞の二冠に輝いた。

El Espanolのインタビューにて、世界中が新作を待ち望む鬼才監督は、新作の詳細については伏せながらも、「ホアキンはクレイジーですが、今まで出会った中で最高の俳優です」と述べており、再び仕事を共に出来ることに興奮を隠せない様子だ。「撮影現場での彼の行動にはすべて理由があります。オリジナル・アイデアの作品なので大変な作業にはなりそうですが、ホアキンと一緒に映画を準備している時は、とにかく興奮せずにはいられません」。ホアキンによるアイデアも存分に盛り込まれた作品となりそうだ。

撮影時期は明かされていないが、少なくともすぐに撮影開始とはならなそうだ。それというのも、ホアキンはアリ・アスター監督『Disappointment Blvd.(原題)』や、リドリー・スコット最新作『Kitbag(原題)』の撮影を現在控えており、ラムジー監督もまた本作のほか、スティーヴン・キングによる『トム・ゴードンに恋した少女』(新潮文庫)の映画化企画も準備中だからだ。今後の動向に引き続き注目しよう。

あわせて読みたい

Source: El Espanol

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly