Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、なぜ『007』ゆかりの戦争映画『今は死ぬ時でない』と同じタイトルなのか

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

2019年8月、『007』シリーズ第25作のタイトルが007/ノー・タイム・トゥ・ダイになると発表された時、シリーズのファンの間ではにわかに動揺が走った。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』というタイトルは、じつは『007』に非常にゆかりの深い作品と同じものだったからだ。

その作品『今は死ぬ時でない(原題:No Time to Die)』は、1958年にイギリスで製作された戦争映画。『007 ドクター・ノオ』(1962)『007 ロシアより愛をこめて』(1963)などのテレンス・ヤングが監督を務め、脚本は『007 消されたライセンス』(1989)までの16作中13作を執筆したリチャード・ベイボームが執筆し、『007 サンダーボール作戦』(1965)の女優ルチアナ・パルッツィが出演した。さらに、製作は『007』初代プロデューサーのアルバート・R・ブロッコリ。なんと、現プロデューサーであるバーバラ・ブロッコリの父親なのである。

しかし『ノー・タイム・トゥ・ダイ』というタイトルを思いついた際、バーバラは『今は死ぬ時でない』との一致にまったく気づかなかったという。英Yahoo!では、「タイトルをひらめいた後、父の古い映画と同じタイトルだと気づきました。だからコロンビア・ピクチャーズ(『今は死ぬ時でない』配給)に許可をもらわなければいけなかった」と語られているのだ。

同じくプロデューサーのマイケル・G・ウィルソンは、このタイトルが決まったのはリミットの直前だったことを明かしている。

「ごくまれに、撮影が始まった後もタイトルが決まらないことがあります。脚本家や監督、みんなでタイトルをたくさん検討するんです。いよいよ時間切れだぞ、というときに、バーバラが(『ノー・タイム・トゥ・ダイ』を)思いついて、みんなで“最高のタイトルだ”と。後になって、昔、オフィスに『今は死ぬ時でない』のポスターがあったことに気づいたんです。」

ウィルソンが「彼女は覚えていたんですよ、すごいと思います(笑)」と言っているように、おそらくバーバラは頭の片隅にこのタイトルを記憶しており、ここぞというところで引き出したのだろう。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』というタイトルについて、ウィルソンは「ふさわしいと思う」と述べ、バーバラも「この映画をきちんと表しているもの。映画を観たら同意してもらえると思います」と語った。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2021年10月1日(金)全国公開。

Source: Yahoo!

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly