Menu
(0)

Search

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』誕生の着想は「ボンドがヴェスパーを許せるか」 ─ 終わりの始まり、エディターが語る

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

ダニエル・クレイグ版全5作の『007』は、ジェームズ・ボンドという1人の男の内面に最も深く迫ったシリーズとなった。そのダニエル版を007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で完結させるにあたり着想の起点となったのは、『007 カジノ・ロワイヤル』(2006)に登場したヴェスパー・リンドだったという。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』でエディターを務めたトム・クロスが明かしている。

本記事では、『007 カジノ・ロワイヤル』の内容について言及しています。

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

『カジノ・ロワイヤル』でエヴァ・グリーンが演じたヴェスパーは、ボンドの資金係かつ監視役として政府から派遣された。最初こそボンドに対する印象は良くなかったが、時間を一緒に過ごすに連れて恋仲に。ボンドはスパイの引退まで決意し、新たな人生を共に歩み始めようとしていた。その矢先、ヴェスパーが二重スパイであったことが判明。最後にはボンドの目の前で命を落としてしまう。

『カジノ・ロワイヤル』以降のシリーズで、ボンドはヴェスパーの死を抱えながら人生を歩んでいった。そして『ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、ボンドが本当の意味でヴェスパーと決別し、苦しみから解放されたのだ。

The Hollywood Reporterにて、クロスはプロデューサー陣がストーリー構築に取り組んでいたプリプロダクション(撮影前準備)当時を回顧。「マドレーヌと歩むために、ジェームズがヴェスパーを許し、過去を忘れることができるか。これについて深い議論が行われていました」と構想の起点を語っている。「そこが飛び込みのスタート地点でした」とクロスが続けているように、ボンドとヴェスパーの関係性から『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は誕生したのだ。

「それに続くのは、ボンドが裏切りを認識するシーンです。ボンドの感情の変化が始まるんです」とクロスが話しているのは、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』冒頭のイタリアでのシークエンス。詳しい言及は避けるが、ボンドの最後の旅は、イタリアでの“別れ”からスタートする。エディターとして同シークエンスを繰り返し確認したであろうクロスは、ボンドとマドレーヌ(レア・セドゥ)が車内で交わした緊迫のやり取りを次のように分析している。

「ボンドはとにかく座ったままで、彼女のことを罰しそうになりながらも自分のことは考えないようにしています。そして最後には彼女をじっと見つめ、心を鎮めたんです。その次に皆さんがご覧になったのは、それまでの『007』シリーズではある意味見られなかったもの。ボンドは感情を武器にするんです。怒りに任せて。」

その後、紆余曲折を経ていったボンドは、それまでずっと抱えていた“闇の部分”にしっかりと向き合った。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開前、『007 スペクター』(2015)で引退を考えていたダニエル・クレイグは『ノー・タイム・トゥ・ダイ』に戻ってきた理由について、「『カジノ・ロワイヤル』に始まった何かを終わらせる」ためだと語っていた。これがまさに有言実行された形で、ボンドは壮大な旅の最後を迎えたのだ。

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly