Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』オビ=ワンのスピンオフ映画、2019年1月より撮影開始か

オビ=ワン・ケノービ
Obi-Wan Kenobi (Ewan McGregor) searches for answers in the library of the Jedi Temple in Star Wars: Episode III Revenge of the Sith. PHOTO: SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS INC 2005 K43179

スター・ウォーズ』ユニバースが放つ新たなスピンオフ作品オビ=ワン・ケノービ(仮題)』にまつわる最新の噂が聞こえてきた。Omega Undergroundのレポートによると、本作はイギリスのパインウッド・スタジオにて2019年1月より撮影の開始を予定しているという。

長らく噂されてきたオビ=ワン・ケノービのスピンオフ映画については、2017年8月にThe Hollywood Reporterが「ごく初期段階」の段階として企画の存在事実を報じていた。この時伝えられていたところによると、監督には『リトル・ダンサー』(2000)『めぐりあう時間たち』(2002)『愛を読むひと』(2008)の3作でアカデミー監督賞に連続ノミネートされたスティーブン・ダルドリーが交渉中だったというが、その後は現在もわからない。

後ほど判明したところによると、本作のワーキング・タイトル(製作期間中に使う仮タイトル)は「ジョシュア・ツリー(Josha Tree)」。これはアメリカ・カリフォルニア州にあるジョシュア・ツリー国立公園を連想されるものであるが、荒野と岩山広がる同公園の景色はオビ=ワンが隠遁していたタトゥイーンの風景にそっくり。このことから、『オビ=ワン』スピンオフがタトゥイーンに根ざした物語になるのではと期待の声が広がっている。(なお『新たなる希望』当時、タトゥイーンのロケ地にはデスヴァレー国立公園やチュニジアが使われている。)

撮影開始時期のレポートを伝えたOmega Undergroundでは、過去作の撮影・製作期間や公開時期を参考とし、(2019年1月の撮影開始が正しければ)『オビ=ワン』の公開は2020年の5月または12月と予想した。ルーカスフィルムは、『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に続く更に新たな3部作を2020年以降に製作することも明かしている。

Source:http://omegaunderground.com/2017/12/09/lucasfilm-eyeing-early-2019-production-start-kenobi-anthology-film/
Obi-Wan Kenobi (Ewan McGregor) searches for answers in the library of the Jedi Temple in Star Wars: Episode III Revenge of the Sith. PHOTO: SUPPLIED BY GLOBE PHOTOS INC 2005 K43179 写真:ゼータイメージ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly