『スパイダーマン:ホームカミング』続編、2018年6月に撮影開始 ― ジョン・ワッツ監督の続投が確定

映画『スパイダーマン:ホームカミング』の続編(タイトル不明)が、2018年6月より撮影されることになりそうだ
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に合流したピーター・パーカー/スパイダーマンの単独映画第1作となった『スパイダーマン:ホームカミング』は、世界中で高評価と大ヒットを両立。続編は2019年7月5日に米国にて公開される予定である。

スパイダーマン、新たなMCUで新たな冒険へ

本情報を伝えているのは、映画の撮影スケジュールをこれまで数多報じてきた米Omega Underground。同サイトによれば、マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズは、『スパイダーマン:ホームカミング』続編の撮影を2018年6月よりアトランタにて開始するという。なお、撮影の終了時期は2018年10~12月と予想されている。

また時を同じくして、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、ブラジルにて開催されているComicCon Experienceにて、『スパイダーマン:ホームカミング』の脚本・監督を担当したジョン・ワッツが続編に再登板することを明かしたという。イベントに参加した複数のファンがSNSを通じて報告した。

これまで『スパイダーマン:ホームカミング』続編については、ワッツ監督が契約交渉に入っていることが報じられていたほか、前作の脚本を執筆したクリス・マッケナ&エリック・ソマーズも続投する方向だと判明していた。監督と脚本家、そして主演のトム・ホランドと、前作の主要クリエイターが再び集まることになりそうだ。

前作のプロデューサーを務めたエイミー・パスカル氏は、続編について「『アベンジャーズ』第4作の物語が終わった、その数分後から始まる」物語になると語っている。MCUは『アベンジャーズ』第4作をもって大きな転換を迎えるものとみられるが、スパイダーマンは“その後”の皮切りをいかに担うことになるのだろうか。
なお、以前、マーベルとソニーの事業提携が『スパイダーマン:ホームカミング』続編をもって終了するという話題が伝えられたことがあった。ただし『スパイダーマン』シリーズは全3部作構想ともいわれており、その後の状況はわかっていない。

 

映画『スパイダーマン:ホームカミング』続編(タイトル未定)は2019年7月5日より米国公開予定。
なお、『スパイダーマン:ホームカミング』のブルーレイ&DVDは2018年12月20日に発売される

Sources: http://omegaunderground.com/2017/12/09/spider-man-sequel-shoot-summer-june-start/
https://screenrant.com/spider-man-homecoming-2-jon-watts-direct-confirmed/
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。