Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』出演の黒人俳優、人種差別的な誹謗中傷を受ける恐れがあるとルーカスフィルムから警告されていた

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

米ルーカスフィルムは、スター・ウォーズ新作ドラマに出演するアフリカ系俳優に対し、一部の過激な差別主義的ファンによる攻撃を受けてしまう恐れがあると警告していたという。

『スター・ウォーズ』ではこれまで、アフリカ系のジョン・ボイエガ(フィン役)、ベトナム系のケリー・マリー・トラン(ローズ・ティコ役)に対して、一部から差別的なバッシングがなされることがあった。行き過ぎた誹謗中傷を苦にし、トランはSNSを去っている。またボイエガも、誹謗中傷を行うファンに強い苦言を呈している。

新作ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」では、ヴィランである尋問官の1人として、アフリカ系俳優のモーゼス・イングラムが新たに出演する。イングラムが英Independentに明かしたところによると、製作のルーカスフィルムは一部のファンによる差別的なバッシングを「残念ながら、そういうことは起こってしまうだろう」と事前に警告したという。「もし何かあったら教えてください。私たちが助けますから」とも伝えられたと、イングラムは話している。

イングラムは、アジア系である監督デボラ・チョウをはじめとするルーカスフィルムのおかげで「安心して仕事をすることができるようになった」という。一方で、「もちろん、ヘイトが入りこむ余地は常にある」とも話している。

モーゼス・イングラムは、ドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(2020)にも出演。映画ではデンゼル・ワシントン版の『マクベス』(2021)や『アンビュランス』(2022)などに出演したが、まだ活動歴は長くない。尋問官役を演じる「オビ=ワン・ケノービ」で、初めて巨大シリーズの一員となる。

出演者に対して人種差別的な誹謗中傷がなされてしまうのは、残念ながら『スター・ウォーズ』だけではない。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のラシャーナ・リンチも、SNSのダイレクトメッセージで誹謗中傷を受けたことを示唆しており、「女性や黒人はある特定の場所には入り込めないといった、私が生まれる前の時代のことを考えさせられました」と話している

あわせて読みたい

Source:Independent

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly