レディオヘッド&映画音楽の名匠ハンス・ジマー、コラボ楽曲を発表 ― 2011年の楽曲『Bloom』をリメイク

イギリスのロックバンド・レディオヘッドと、最新作『ダンケルク』『ドリーム』『ブレードランナー 2049』など数多くの映画音楽を手がけるハンス・ジマーがコラボレーション楽曲を発表した。タイトルは『(ocean) bloom』、レディオヘッドが2011年に発表した楽曲『Bloom』をリメイクしたものだ。

今回のコラボレーションが実現したのは、イギリスのテレビ局BBCの製作する海洋ドキュメンタリー番組『ブルー・プラネットII(原題:Blue Planet II)』のため。前身である番組『ブルー・プラネット』にインスパイアされて『Bloom』を作ったというトム・ヨーク(レディオヘッド)は、番組の音楽を担当するハンス・ジマーとの共同作業による再創作を快く引き受けたという。
なお、今回のためにトム・ヨークは新たにボーカルを収録し直し、オーケストラによる演奏は「BBCコンサート・オーケストラ」にてレコーディングされた。

BBCは『ブルー・プラネットII : ザ・プリクエル』として、美しい映像と楽曲を同時にじっくりと味わえる映像を公開している。ぜひヘッドフォンでお楽しみいただきたい。レディオヘッドの演奏と、ハンス・ジマーによるダイナミックなアレンジの妙により肉薄できるはずだ。

またBBCは、この楽曲のメイキング映像もあわせて公開している。

トム・ヨークは、このプロジェクトに参加することを決めた理由をこう語る。

「このテレビシリーズがまさしく今登場するという事実に、僕は海への愛情や、海との関係性を本当に知りたいという欲望が私たちの中で再び燃え上がることを願っているんです。“誰よりも大きいものなんだ、誰よりも大きいんだ”って。」

またハンス・ジマーは、レディオヘッドの楽曲をアレンジするという仕事の責任を説明している。

「おかしな話ですが、敬意を払おう、曲を台なしにしちゃいけない、って思っていました。言いたいこと、わかりますよね。誰かが私に作品を渡してくれるとしたら、そこには責任も敬意も伴っているんですよ。」

ドキュメンタリー番組『ブルー・プラネットII』は2017年内に英国BBC Oneにて放送予定。なお日本国内での放送は現在不明だ。

Source: http://www.rollingstone.com/music/news/hear-radiohead-hans-zimmers-lush-ocean-bloom-w505644
http://www.telegraph.co.uk/tv/2017/09/14/radiohead-record-new-song-sir-david-attenboroughs-blue-planet/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=M3ia8mn8ITs 動画サムネイル

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。