Menu
(0)

Search

『オーシャンズ14』の可能性が浮上、スティーブン・ソダーバーグ監督「作れる道があるかも」

Oceans 11
https://nara.getarchive.net/media/members-from-the-cast-of-the-warner-brothers-movie-oceans-11-actors-brad-pitt-81dce3 Public Domain

ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、マット・デイモンら、ハリウッドスターが共演を果たした『オーシャンズ』シリーズに続編の可能性が浮上している。これを証言するのは、メインキャラクターのひとり、バシャーを演じたドン・チードルだ。

スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけてきた『オーシャンズ』シリーズは、2001年に第1作『オーシャンズ11』、2004年に第2作『オーシャンズ12』、2007年に第3作『オーシャンズ13』が公開。11年後の2018年には、ジョージ・クルーニーが演じたダニーの妹デビーを主人公とする『オーシャンズ8』が製作されているが、メインシリーズからは独立したストーリーが展開された。

『オーシャンズ13』から10年以上が経った今、どのようにして続編の話が持ち上がったのだろうか。米Entertainment Weeklyの取材に応じたチードルは、ソダーバーグ監督との再タッグに挑んだ2021年7月米配信の犯罪映画『No Sudden Move(原題)』の撮影時を振り返っている。

「スティーブンとは映画を作ったんですけど、その時に彼が言ってたんです。“もしかしたら、また(『オーシャンズ』を)作れる道があるかもしれない。このことについて考えているんです”と。それ以上の話は無かったですが。」

本シリーズには、デビーとラスティー(ブラッド・ピット)をはじめとするいつもの強盗仲間の協力が不可欠だが、この10年の間でフランク役のバーニー・マックと、ソール役のカール・ライナーが他界しており、続編を作るにしてもオリジナルキャスト2人が不在となる。チードルも、『オーシャンズ13』公開の翌年にバーニーが急死した時のことを振り返り、「僕たちも(続編について)話していたんですが、バーニーが亡くなってからすぐに“やりたくない”という風になりました」と語っている。

当時から時間が経ち、ソダーバーグ監督に心境の変化があったのかもしれない。もしも続編が実現すれば、オールスター映画再びということになるが、クルーニーやピット、マット・デイモン、ケイシー・アフレックら、シリーズのメインキャストは多忙を極めているはずだ。全員のスケジュールを合わせること自体が至難の業な感もあるが、これとは別にチードルは「メイングループのみんなは乗ってくれるんじゃないでしょうか」と前向きに話している。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly