Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』ワンダ役エリザベス・オルセン、マーベルの契約に縛られて他作品の役を逃した過去に「不満」

エリザベス・オルセン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/48469187077/ Remixed by THE RIVER

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)にスカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ役で登場し、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)デビューを飾ったエリザベス・オルセン。その後も『アベンジャーズ』シリーズに続投し、ドラマ「ワンダヴィジョン」(2020)では同役で主演を果たした。飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を続けるオルセンだが、MCUの契約に縛られて他作品の役を逃すことが多くなったと吐している。

MCUに参加するまでは、カルト集団に洗脳された女性を描く『マーサ、あるいはマーシー・メイ』(2011)や、韓国映画の米版リメイク『オールド・ボーイ』(2013)などインディ映画やアート系の作品に数多く出演していたオルセン。米The New York Timesのインタビューに応じたオルセンは、ヨルゴス・ランティモス監督による『ロブスター』(2015)に出演できなかった悔しさを話ししている。

マーベルとの契約は、(スケジュールの都合をつけて)特定の仕事をする機会を私から取り去りました。いち観客として、より私が楽しんでいた系統の仕事です。心から正直にそう思っています。私は、(マーベルの)契約から抜けられなかったので(『ロブスター』も)出演できず、不満を感じ始めました。この仕事は安定していますが、より自分らしいと感じていた部分を失いつつありました。そして、そこから私が離れれば離れるほど、そういった作品に考慮されなくなったんです。」

マーベルとの出演契約に縛られた状態について複雑な気持ちを述べたオルセンだが、もしスカーレット・ウィッチを主人公にした単独映画が製作されるとしたら、出演する気はあるのだろうか?その質問には、こう答えている。

出演すると思いますが、本当に優れたストーリーでなければなりません。こういった映画はコンテンツを生み出すことに重点を置くのではなく、非常に強力な視点を持つ時に最高になるのだと思います。トリロジー映画の計画が必要なわけではありませんから。」

今後、オルセン演じるスカーレット・ウィッチがMCUにカムバックするかどうかは未知だが、復帰するにしても卒業するにしても、俳優として確固たる地位を築いたオルセンには明るい未来が待っているのではないだろうか。オルセンがスカーレット・ウィッチ役で続投したドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は公開中。

Source:The New York Times

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly