トムヒとティルダ、人外的美しさの共演!大人のヴァンパイア映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』に酔いしれる

人間ではない役が似合う女優といえば、間違いなく名前があがるのはこの人だろう。『ドクター・ストレンジ』でのエンシェント・ワン役も最高にお似合いだったティルダ・スウィントンだ。白い肌に中性的で不思議なルックス、まさにこの世のものとは思えない美しさを持つティルダ姐さん。

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm2521802496

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm2521802496

では人間ではない役が似合う”俳優”といえば?ゲイリー・オールドマンにジョニー・デップ、色々な人が思い浮かぶが、今アツいのはこの人ではないだろうか。マイティ・ソーの弟にしてこじらせヴィラン、ロキ役でもお馴染みのトム・ヒドルストン

©THE RIVER

©THE RIVER

個性的な顔立ちに抜群のスタイル、”テイラー・スウィフトの元カレ”として少々イジられ疲れている彼だが、スクリーンでいつも独特の存在感を見せつけてくれている。

今回ご紹介したいのはそんなファンタジックな美しさを持つ2人、ティルダ・スウィントンとトム・ヒドルストンが共演しているなんとも嬉しい映画だ。2013年公開、ジム・ジャームッシュ監督作品『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

主人公は何世紀も恋人として生きてきた2人の吸血鬼、アダムとイヴ。アンダーグラウンドのミュージシャンとして活躍していたアダムの元に久しぶりに訪れたイヴ、久しぶりの再会を喜ぶ2人だったがある時イヴの破天荒な妹、エヴァが現れて…ゆっくりと変わっていくアダムとイヴを取り巻く環境、そして運命を描いた物語だ。

“美しすぎる”お2人

トムヒとティルダ、吸血鬼役がハマりすぎである。ティルダほど白髪が似合う女性はいないのではないだろうかと思うほど、神々しく輝いて見える。

アダムは黒を、イヴは白を基調とした衣装を身につけておりまるで”陰と陽”のようだ。吸血鬼らしく病的なまでに白い肌となぜか常にボサボサの髪の毛も、トムヒとティルダだと退廃的でおしゃれに見える。吸血鬼役なのだが天使とも悪魔とも見えるような、とにかく”人間離れした”美しい2人を拝むことができるのだ。

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm3572811776

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm3572811776

アダムはミュージシャンとして活躍しているのだが、人間関係(本当の人間との関係だ)にイライラ気味。ちょっと弱々しくダメンズ感ある(しかもコミュ障)トムヒと、それを暖かく包み込む”姉さん女房”的なティルダを見ることができるのも楽しみの1つである。

この映画はアダムとイヴ、吸血鬼仲間のマーロウ(ジョン・ハート)、イヴの妹のエヴァ(ミア・ワシコウスカ)と登場人物が少ないのだが、それぞれが持つ個性的な存在感で飽きることなく魅入ってしまう。

スタイリッシュな映像美

この映画で美しいのは登場人物だけではない。アダムとイヴが住む部屋のインテリア、街並み、どこを切り取っても絵になるスタイリッシュな映像も魅力だ。

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm149804800

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm149804800

イヴが住んでいたモロッコの街並み、アダムが持っているアンティークのギター、ティルダが部屋で着ている古めかしいガウン、2人でドライブする夜のデトロイトの街、廃墟の恐ろしくクールな雰囲気。

この作品を手がけるジム・ジャームッシュ監督は『コーヒー・アンド・シガレッツ』や『ナイト・オン・ザ・プラネット』など会話劇が特徴的だ。『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』も淡々とした会話劇なのだが、2人のウィットに富んだ会話とこのスタイリッシュな映像美にはため息がこぼれてしまう。

大人のラブストーリー

アダムとイヴはずっと恋人同士だ。離れて暮らしていても、何十年も合わなくても、”量子レベル”で繋がっている恋人同士なのだ。
この映画では”回転” が効果的に使われている。部屋で寝転ぶアダムとイヴ、荘厳な音楽をBGMにゆっくりと回転するカメラ。部屋で手を取り合い、スローなダンスを楽しむ2人。

彼らだけの城で、世間と隔離されながら、2人の愛は永遠に生き続ける。命はまためぐり、転生し続けながら、回り続けるのだと、繰り返し使われる”回転”によってそんな事を考えさせられる。なんともロマンチックな大人のラブストーリーである。

2人が愛する古いレコードや音楽も、そして映画も、時代が変わっても残り続けるものだ。例え風化したとしても、ひっそりと愛され続けるものである。『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』はそんな監督の映画に対する思いも込められたものであるかもしれない。

現代への風刺

何世紀も生きているアダムとイヴだが、21世紀は非常に生きづらい世界になっている。昔とは違って新鮮で綺麗な血液を手に入れることも難しい世の中になり、人間たちのうるさい小言やわがままには悩まされるばかり。アダムは自分の愛するものに囲まれて生活していたいのに、周りがそれを良しとしてくれない。

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm3980042752

http://www.imdb.com/title/tt1714915/mediaviewer/rm3980042752

終焉へと向かっている世界で続く2人の吸血鬼の世界。現代社会への風刺でもあり、失われゆく古く美しいものに捧げるレクエイムのような映画でもあるのだ。

トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントン、人間離れした美しさを持つ2人が存在感たっぷりに魅力を見せつけてくれる一風変わったヴァンパイア映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』。まだご覧になったことがない方は、ぜひチェックしてみてほしい!

【独占写真大量】『キングコング:髑髏島の巨神』初来日トム・ヒドルストン 贅沢フォトギャラリー

Only Lovers Left Alive:© 2013 – Sony Pictures Classics

About the author

フリーライター(1995生まれ/マグル)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。