Menu
(0)

Search

クリストファー・ノーラン『オッペンハイマー』特報映像が米公開 ─ YouTubeでループ再生中、「世界が永遠に変わる」日までカウントダウンか

https://youtu.be/hflCiNtY6MA

『ダンケルク』(2017)『TENET テネット』(2020)につづくクリストファー・ノーラン監督最新作、『オッペンハイマー(原題:Oppenheimer)』より特報映像が米国公開された。YouTubeにてループ再生しており、不穏なカウントダウンがなされている。

『オッペンハイマー』の主人公は、米国の物理学者であるロバート・オッペンハイマー。第二次世界大戦における原子爆弾の開発・製造計画、「マンハッタン計画」を主導した人物だ。原爆の開発から、後に彼が核兵器の国際管理の必要性を訴え、水素爆弾への抗議活動を行うに至るまでの変化が綴られるという。

“原爆の父”と呼ばれたオッペンハイマーとしてキャスティングされたのは、『ダークナイト』トリロジーをはじめ、『インセプション』(2010)『ダンケルク』(2017)とノーラン監督作品の常連俳優、キリアン・マーフィー。公開された特報映像は、不穏な音楽とともに、マーフィーふんするオッペンハイマーの姿が描かれている。

この特報映像は、YouTubeのユニバーサル・ピクチャーズのチャンネルにてライブ配信中。そこにはカウントダウンが表示されており、ループする度に減っていく仕組みだ。これは、2023年7月16日までの時間を示すものと思われ、1945年7月16日は米国が人類最初の核実験を行った日である。特報映像に先立って公開されていたポスターのキャッチフレーズのとおり、“世界が永遠に変わる(The World Changes Forever)”日までカウントダウンしているのだろう。

共演者には豪華俳優陣が勢揃い。エミリー・ブラントがオッペンハイマーの妻を演じるほか、ロバート・ダウニー・Jr.マット・デイモンフローレンス・ピューラミ・マレックゲイリー・オールドマンらが名を連ねている。脚本は、ノンフィクション『オッペンハイマー「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇(上・下巻)』(PHP研究所)を原作に、ノーラン監督自らが執筆した。

映画『オッペンハイマー(原題:Oppenheimer)』は、2023年7月21日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly