Menu
(0)

Search

「ジェシカ・ジョーンズ」クリステン・リッター、「オーファン・ブラック」スピンオフドラマで主演決定 ─ 2023年に米配信へ

クリステン・リッター
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36184656415/ | Remixed by THE RIVER

「ブレイキング・バッド」(2008−2013)「Marvel ジェシカ・ジョーンズ」(2015-2019)などで知られる俳優、クリステン・リッターの新作情報が米国より到着した。

Deadlineによるとリッターは、ドラマ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」(2013−2017)のスピンオフ(offshoot series)作品「Orphan Black: Echoes(原題)」にて主演・製作総指揮を務めるとのことだ。

「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」は、タイトルのとおりクローン人間や遺伝子操作を題材に、謎に満ちた実験や恐るべき陰謀に迫る物語が描かれた人気ドラマ。2017年には、「オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜」として日本で再映像化されている。

オリジナルドラマから派生した「Orphan Black: Echoes」は、全10話構成。「オーファン・ブラック」と同じ世界であり、近未来を舞台にした本作では、人間の存在を科学的に操作するといった題材が紐解かれる。リッター演じる主人公をはじめとした女性たちの集団が、アイデンティティの謎を解き明かし、愛と裏切りの物語を展開していく。なお、リッターふんするルーシーは、想像を絶する生い立ちを持ち、自分の居場所を見つけようとしている人物だという。

本作でクリエイター、ショーランナー、脚本家、製作総指揮を務めるのは、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(2015-)「ザ・ソサエティ」(2019)などのアナ・フィシュコ。共同クリエイター、および監督・製作総指揮を兼任するジョン・フォーセットは、「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」を手掛けた人物だ。

AMC局にて企画が進められている本作は、2023年に米国での配信開始が見込まれている。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly