Menu
(0)

Search

【解説】2021年アカデミー賞、主要部門の結果は ─『ノマドランド』『ミナリ』『ファーザー』が快挙

「第93回アカデミー賞授賞式」
Getty Images

2021年4月26日(日本時間)、第93回アカデミー賞授賞式が開催された。

このたびのアカデミー賞は、コロナ禍の影響で劇場公開作品が軒並み延期、または配信送りとなるなど、世界中の映画業界がかつてない1年を迎えながら開催された。『ノマドランド』が作品賞・監督賞・主演の最多の3部門を制覇。なお2015年〜2016年にはアカデミー賞の俳優部門で白人のみが候補として選出され、「#OscarsSoWhite」と多様性を求める声が世間から絶えず、その後、多様性を高める改革が進められている。そんな中、本年度では黒人だけでなく、アジア系をはじめ女性の出演者や製作陣が多く受賞を果たし、確かな存在感を示した。

本記事では、主要部門(作品賞・監督賞・主演女優賞・主演男優賞・助演女優賞・助演男優賞)の受賞結果および簡単な解説を紹介したい。

作品賞・監督賞・主演女優賞:『ノマドランド』

「第93回アカデミー賞授賞式」
Getty Images

 

アカデミー賞の最大の目玉である作品賞をはじめ、監督賞・主演女優賞の最多3部門で受賞を果たしたのは、『ノマドランド』(2020)。企業の経済破綻と共に長年住み慣れた住処を失い、最愛の夫も亡くしたひとりの女性ファーンが、車上生活者として懸命に生きる姿を捉えた物語だ。

ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞に輝き、トロント国際映画祭では観客賞を受賞し、両映画祭にて最高賞を制覇するという史上初の快挙を達成。そのほかゴールデングローブ賞をはじめ世界中の映画賞を総なめにしており、下馬評の通り、このたびアカデミー賞も制したのである。

「第93回アカデミー賞授賞式」
Getty Images

主人公ファーンにふんしたフランシス・マクドーマンドは、これまでにも『ファーゴ』(1996)『スリー・ビルボード』(2017)にてノミネートされるや主演女優賞を受賞。このたびは3度目の受賞となる快挙を達成した。受賞のスピーチでは、「とても言葉で表現できません。 私の声を明らかにするのが難しいということです。私たちは作品を通じて戦ってるんです。私は仕事が大好きです。そのことを知っていただきたいと思いました」と語っている。

なお監督賞では、中国出身のクロエ・ジャオが、アジア系女性監督として史上初めて受賞を果たした。監督賞を受賞した際には、私が子供の頃に学んだ言葉で印象的な言葉があります。『人之初』、『性本善』といって、人々は生まれながらにして心の中に善を持っているという意味の言葉です。時には逆のことが真実に見えることもありますが、それでも私は世界中のどこにいる人にも善があると信じてきました。この賞は、自分の善、そしてお互いの善を守るための勇気と信念を持っている全ての人々に捧げたいと思います」とコメントしている。

※伝統的な中国の言葉「三字経」の「人之初」、「性本善」訳:人が生をうけたそのはじめ、人の性はもともと善である。

次回作としてジャオは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『エターナルズ』(2021年11月5日公開)が待機中だ。アカデミー賞受賞監督による最新作に益々期待が高まるばかりである。

『ノマドランド』は、2021年3月26日より日本公開中。

助演女優賞:『ミナリ』ユン・ヨジョン

「第93回アカデミー賞授賞式」
Getty Images

『ミナリ』は、アメリカンドリームを求めて移民した韓国人一家を描いた作品。小津安二郎監督作品のような、繊細な人間模様と秀逸な悲喜劇を捉えた本作は、サンダンス映画祭で観客賞と審査委員特別賞の栄冠に輝いたほか、ゴールデングローブ賞など世界中の映画賞を受賞した。

そんな本作で最も注目を浴びたのは、移民した韓国人一家と一緒に住むことになる祖母役を演じたユン・ヨジョンだ。毒舌で破天荒な祖母でありながらも、孫のやんちゃな行動を寛容に受け入れたり、家族のために芹を植えたり、家族想いな一面ものぞかせる彼女の大胆さや優しさが、世界中の観客を魅了した。

2020年には、『パラサイト 半地下の家族』が作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の4部門で受賞を果たしたものの、ソン・ガンホなど期待されていた韓国人俳優の演技部門での入選は残念ながらなかった。そんな中、このたびヨジョンはノミネートを果たすだけでなく、韓国出身の女優としてはじめて助演女優賞に輝いたのだ。またアジア人女優として助演女優賞を受賞するのは、『サヨナラ』(1957)のナンシー梅木以来、63年ぶりとなる。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly