Menu
(0)

Search

タランティーノ監督、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』4時間版を将来公開の意向か

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが豪華共演を果たしたワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)は、ただでさえ161分にもおよぶ超大作。作品には、そんな長尺も忘れさせるほどの魅力的な世界観が緻密に描きこまれていた。

それでは、クエンティン・タランティーノ監督のこだわりがフルに詰まった、4時間のカットが観られるとしたら?米ColliderによるQ&Aパネルに登壇したタランティーノ監督によれば、そう遠くないうちにお披露目となるかもしれない。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』初期編集版は、4時間20分にも及ぶ長尺だったことが知られている。タランティーノはこのイベントで、いかにしてシーンをカットすべきかの助言を求めて米ソニー・ピクチャーズ会長のトーマス・ロスマンに観せた際、全編にわたって気に入られたことを振り返っている。

ここで一緒に登壇したブラッド・ピットに「実際の所、いつか観れるものなんですか?」と訊ねられると、タランティーノは「もしかしたら、1年経てば、たぶん観られるかも」と仄めかしたというのだ。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』劇場版からカットされたシーンについては、これまでも様々な証言が得られていた。チャールズ・マンソン役のデイモン・ヘリマンは「確かに、(完成版に)入っていない映像はたくさんあります。きっと誰もが出番をカットされていますし、そこにはマンソンのシーンもあるということです。きっと日の目を見ることになると思いますよ」と語っていたことがある。

劇場公開後には、約10分間の未公開シーンを追加した“エクステンデッド・カット版”も登場。2019年10月にアメリカ・カナダで公開され、日本でも11月に限定公開されていた。2020年1月に発売となるブルーレイ&DVDには、全7種の未公開シーンも含まれている。

タランティーノは『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の劇中に登場する、レオナルド・ディカプリオ演じる俳優リック・ダルトンの代表作「賞金稼ぎの掟(Bounty Law)」をドラマ作品として映像化したいという意向も語っており、すでに数話分の脚本を書いたことも明かしている。『ワンハリ』の夢は、まだ終わらない。

Source:Collider

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly