Menu
(0)

Search

【プレゼント】『ワンハリ』レオナルド・ディカプリオとタランティーノ監督来日決定 ─ ジャパンプレミアとレッドカーペットに5組10名様ご招待

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
CANNES, FRANCE - MAY 22: Quentin Tarantino and Leonardo DiCaprio attends the photocall for "Once Upon A Time In Hollywood" during the 72nd annual Cannes Film Festival on May 22, 2019 in Cannes, France.

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』2019年8月30日の日本公開を前に、主演のレオナルド・ディカプリオとクエンティン・タランティーノ監督が揃って来日決定だ。THE RIVERでは、2人が登場する8月26日の来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントに5組10名様をご招待する。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
Quentin Tarantino, Leonardo DiCaprio and Brad Pitt on the set of ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD.

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の舞台は1969年のロサンゼルス。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターを初共演させ、二人の友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫った話題作だ。常日頃から「映画を10作撮ったら監督を引退する」と公言し、本作はタランティーノの「最後から2番目の監督作」とされていたが、本作完成後のキャンペーン中には「この作品で最後にする」とタランティーノ自身の口から発せられるほど、彼の映画人生を賭けた渾身の作品。

ディカプリオは、映画のプロモーションでは自身に念願のオスカーをもたらした『レヴェナン: 蘇えりし者』の2016年3月以来、3年5か月ぶり11度目の来日。タランティーノ監督は2013年2月の『ジャンゴ 繋がれざる者』以来、6年半ぶりの来日。『ジャンゴ』ではかなわなかった、タランティーノ監督×レオナルド・ディカプリオの名コンビ揃っての初来日となる。

カンヌでのお披露目からスタートし、作品の舞台にもなっているLA、そしてヨーロッパに渡り、UK、ベルリン、ローマ、モスクワとプロモーションツアーに回ってきたタランティーノが、思い入れの強い作品のツアー最後の地に選んだのが、日本だ。日本通で知られる監督の「ツアーの最後は日本で締めたい!」というたっての希望で、夢の“タラレオ”2ショット日本初上陸が決定した。

2人に会える、またとないチャンスにTHE RIVERから5組10名様をご招待。応募方法は以下の通り。

プレゼントキャンペーン概要

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 
来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

日時:2019年8月26日(月) 夕刻実施予定

場所:都内某所

・本ジャパンプレミアは撮影、録画及び録音される予定です。ご参加された方は、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとその関連会社、ライセンシー、譲受人に対し、本作品及び関連作品の頒布、上映、宣伝、販売等の活動に関して、全世界で無制限且つ無償でお客様の声及び/又は肖像を使用する権利を付与することに同意したものといたします。
・場所や時間の詳細は、当選をもってお知らせいたします。
・当選された方は、レッドカーペットイベントと映画の上映の両方をご覧いただけます。

応募方法:
THE RIVERの公式LINEアカウントを友だち追加後、トーク画面で以下のキーワードを送信すると応募フォームURLが自動返信されます。

友だち追加

キーワード:
ワンハリ来日

応募締切:
2019年8月19日(月)23時59分まで

当選者:
5組10名様

当選発表方法:
ご当選メールの発送をもって代えさせていただきます。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。
そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、2019年8月30日(金)全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly