Menu
(0)

Search

『パディントン3』タイトルが『パディントン・イン・ペルー』に決定、暗黒の地に帰郷か ─ 新監督も発表

パディントン
A STUDIOCANAL RELEASE (C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. PADDINGTON BEARTM, PADDINGTONTM AND PBTM ARE TRADEMARKS OF PADDINGTON AND COMPANY LIMITED www.paddington.com

人気児童文学「くまのパディントン」の実写映画版『パディントン』シリーズ第3作のタイトルが、『Paddington in Peru(原題)』になることが発表された。米The Hollywod Reporterが報じている。

 『パディントン』シリーズは、マイケル・ボンド著「くまのパディントン」を原作に、ちょっとドジだけど家族思いで心優しい、マーマレードが大好きなクマのパディントンを描く物語。タイトルに含まれる「Peru」とは南米の国ペルーを指しているものと思われる。

なぜペルーなのかと疑問に思う方もいるだろうが、パディントンの国籍がペルーというのはファンの間で知られている設定。第1作の冒頭でも“暗黒の地”ペルーを訪れたイギリス人の探検家によってパディントンが発見される様子が描かれている。第3作では、パディントンが故郷の地に再び足を踏み入れることになるのだろう。マーマレード・サンドイッチもしっかり携えて。

タイトル発表とあわせて、前2作のポール・キング監督に代わり、イギリス出身のドゥーガル・ウィルソンが監督に就任することも判明した。これまでミュージックビデオディレクターとして活動してきたウィルソンは、本作で長編映画デビューを飾る。なお、ある時点まで監督を続投する予定であったキングは、ティモシー・シャラメ主演『Wonka(原題)』の製作に注力すべく降板を決めたという。キングは製作総指揮&共同脚本として企画に残留している。

撮影は2023年スタート予定とのこと。主要撮影地はロンドンとペルーとなる。キャストに関する発表は届いていないが、パディントンの声を担当してきたベン・ウィショーは続投する見込みだ。製作は仏StudioCanalと英Heyday Films。

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly