Menu
(0)

Search

ペドロ・アルモドバル最新作『ペイン・アンド・グローリー』初夏公開 ─ アントニオ・バンデラス、史上最高の演技でアカデミー賞ノミネート

ペイン・アンド・グローリー
©El Deseo.

スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督最新作、主演のアントニオ・バンデラスが第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝き、第92回アカデミー賞にノミネートされたことも話題の映画『Pain and Glory(英題)』が、邦題『ペイン・アンド・グローリー』として2020年初夏に全国公開される。特報映像もあわせて到着した。

脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)は、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされる中で、昔の自分をよく回想するようになる。自らの子供時代と母親のこと、当時移住したバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局。その痛みは今でも消えることなく残っていた。そんな時、32年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会によって、心を閉ざしていた彼は過去へと翻り、そして記憶のたどり着いた先には……。

ペイン・アンド・グローリー
©El Deseo.

巨匠アルモドバル自身の葛藤も含め、自伝的な側面をはらんだ本作で主演を務めたのは、長年にわたってタッグを組んでいたアントニオ・バンデラス。方向性の違いから距離を置いていた時期もあったが、アルモドバルの特別な信頼を受けて登板し、キャリア史上最高の演技とも称される、かつてない繊細な演技で新境地を開拓した。またアルモドバルのミューズであるペネロペ・クルスも登場し、献身的に息子を育て、家族を支える母親役を演じている。さらなる円熟の域に達したアルモドバルによる、キャリア史上最高峰の一作の日本上陸が待たれる。

映画『ペイン・アンド・グローリー』2020年初夏、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly