Menu
(0)

Search

シャイア・ラブーフ『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』本編映像 ─ アウトロー漁師とダウン症の青年、旅のはじまり

ザ・ピーナッツバター・ファルコン
© 2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

『トランスフォーマー』シャイア・ラブーフ、『フィフティ・シェイズ』シリーズや『サスペリア』(2018)のダコタ・ジョンソンの最新作『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』より本編映像が到着した。米Rotten Tomatoesにて95%フレッシュという高評価を得た本作は、アウトローの漁師とダウン症の青年が出会うところから始まる物語。今回の映像は、二人の旅の“はじまり”となるワンシーンだ。

ジョージア州サバンナ郊外。老人の養護施設で暮らすダウン症のザックは、子どもの頃から憧れていたプロレスラーの養成学校に入ることを夢見て、施設を脱走する。同じく、しっかり者の兄を亡くし孤独な毎日を送っていた漁師タイラーは、他人の獲物を盗んでいたのが発覚し、ボートに乗って逃げ出す。偶然にも出会った二人は、またたく間に心を通わせ行動を共にする。そこにやってきたのは、ザックを探している看護師エレノア。知らない世界との出会いに導かれ、彼らの旅は想像もしなかった冒険に変わっていく……。

ザ・ピーナッツバター・ファルコン
© 2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

シャイア・ラブーフ演じるタイラー、ザック・ゴッツァーゲン演じるザックは、仲間としての旅を始めてすぐ、いくつかのルールを取り交わす。もっとも、タイラーがザックに「俺に遅れるな」とのルールを伝えるも、ザックは初っ端から遅れてしまい、「ひとつめのルールは?」と聞かれたザックは「パーティ」と一言。タイラーも「違う」と応じる。ザックの提案で、友人の証としての“秘密の握手”を決める場面は、さっそく二人の絆を感じるほほえましい瞬間だ。

ザ・ピーナッツバター・ファルコン
© 2019 PBF Movie, LLC. All Rights Reserved.

出演はシャイア・ラブーフ、ダコタ・ジョンソン、そして制作のきっかけとなったザック・ゴッツァーゲン。さらにジョン・ホークス、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ブルース・ダーン、ジョン・バーンサルら実力者が脇を固め、ラッパーのイェラウルフが長編映画初出演を果たした。プロデューサーは『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)などのアルバート・バーガー、『マッドバウンド 哀しき友情』(2017)のクリストファー・ルモールが担当している。

本作は2019年4月、SXSW(サウスバイサウスウェスト映画祭)でNarrative Spotlight部門の観客賞に輝き、2019年8月の米国公開当初はわずか17館の公開だったにもかかわらず、公開6週目には1,490館までの拡大上映となる大ヒット。米Rotten Tomatoesでは批評家スコア95%、観客スコア96%という高評価を得た。

映画『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』は、2020年2月7日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly