サイモン・ペッグ、『スター・ウォーズ』ジャー・ジャー・ビンクスへの攻撃を後悔 ― 人気作品も「単なる映画だ」

映画『ミッション:インポッシブル』シリーズや『スター・トレック』シリーズなどで知られる俳優サイモン・ペッグが、『スター・ウォーズ』史上“最も嫌われたキャラクター”と称されるジャー・ジャー・ビンクスについて後悔の念を吐露している。

サイモン・ペッグといえば、出世作となったドラマ「SPACED ~俺たちルームシェアリング~」(1999-2001)で『スター・ウォーズ』マニアの主人公を演じ、自身も大の『スター・ウォーズ』ファンとして知られる人物。盟友J・J・エイブラムスの手がけた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)ではアンカー・プラット役を演じていた。

そんなサイモンは、『スター・ウォーズ』プリクエル3部作の第1弾『エピソード1/ファントム・メナス』(1999)の公開時、少なからぬファンと同様ジャー・ジャー・ビンクスにネガティブな印象を抱き、攻撃的な態度を取っていたようだ。
ところが先日、ジャー・ジャー・ビンクス役のアーメッド・ベストが、激しいバッシングを苦に自殺を考えていたことを告白。この件についてサイモンは、「実際に被害者がいたこと、人間の被害者がいたということを本当に恥ずかしく思います」と米NowThisのインタビューにて述べている。

「多くの人(スター・ウォーズ・ファン)は、ジャー・ジャー・ビンクスという生き物が本当に存在するように感じていて、うっとうしいとか、好きじゃないとか、そういうことを嘆いていたと思うんです。でもその裏側には一人の人間がいた。あれ(アーメッド・ベストの告白)を読んで、“ああ、僕もそのうちの(アーメッドを苦しめたうちの)一人だったんだ”と思ったんです。恐ろしい気持ちになりました。」

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)の賛否両論を受けて、海外メディアでは『スター・ウォーズ』の“有毒なファン・コミュニティ”がしばしば問題視されている。同作の公開後、脚本・監督のライアン・ジョンソン、ローズ役のケリー・マリー・トランには嫌がらせや差別発言が日常的に繰り返されてきたのだ。
こうした動きについて、サイモンは「そこには(人間同士の)交渉も共感もありません」と語り、人々に改めて強いメッセージを呼びかけた。

「僕たちはどんどん視野が狭くなってきているんです。どんどん利己的になって、自分の意見や自分にとって必要なもの、自分が欲しいものを勝手に言うようになっている。ケリー・マリー・トランには申し訳なく思っていますよ。だって彼女は映画に出ただけ…単なる映画に出た、ただそれだけなんですから。重要なことは何もありません。何ひとつないんです。」

現在の『スター・ウォーズ』のファン・コミュニティをめぐる状況について、サイモンは「みんながうまくやれば良くなると思います」と述べた。「みんなが理解して、著しく攻撃的になるのをやめるんですよ。」

Sources: NowThis, IW
Eyecatch Image: Photo by vagueonthehow

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • seren 2018年7月30日 at 7:55 PM

    役者に暴言を吐いたので無ければ問題は無いのでは?
    実際にろくでもないキャラだったのは確かだったし。
    こんなキャラを演じる羽目になった役者には同情するが。

    Reply