Menu
(0)

Search

サイモン・ペッグ、『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ジャクーに戻る

https://www.instagram.com/p/CLKBNN9n2yp/

フィンは「なぜみんなジャクーに戻りたがる?」と叫んだが、サイモン・ペッグはジャクーに戻ったようだ。

この投稿をInstagramで見る

Simon Pegg(@simonpegg)がシェアした投稿

「今日はジャクーに帰ってきた。7年前の『フォースの覚醒』撮影のときと同じ場所でサンドボード。あのころより少しは痩せたかな。多分ポーションを控えたからだ。」

ジャクーとは『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)でレイの故郷として主な舞台となった砂漠の惑星。サイモン・ペッグは『フォースの覚醒』で、ジャクーの入植地ニーマ・アウトポストを取り仕切るアンカー・プラット役を演じた。アンカー・プラットは大柄のエイリアンで、ペッグは被り物を着込んでの出演。カメオ登場に近いものだった。

そんなペッグがジャクーのロケ地、アラブ首長国連邦の砂漠に戻ったのは、『ミッション:インポッシブル』最新作のため。シリーズ第7作目でペッグは、ベンジー役を続投する。同作はこれまでにイギリスやノルウェー、イタリアでの撮影の模様が伝えられていたが、現在はアラブに飛び、砂漠地帯での撮影に挑んでいるようだ。

ちなみに同シリーズのアラブといえば、第4作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコロル』(2011)ではドバイの豪華ホテルや砂嵐が登場していた。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly