Menu
(0)

Search

ピーター・パーカー / スパイダーマン『アイアンマン2』でトニー・スタークと出会っていた?『アイアンマン』第1作とリンクする設定も判明

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に満を持して参入したピーター・パーカー/スパイダーマンは、ずっと以前からあの世界に生きていた――。トム・ホランド演じるピーター・パーカーの初登場が『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)ではなかったという衝撃の説が飛び込んできた。

では、MCUにピーターが初登場したのはいつなのか……。トム・ホランドいわく、『アイアンマン2』(2010年)のスターク・エキスポのシーンに登場した少年がピーター・パーカーだという。

トム・ホランド公認、マーベル・スタジオ非公認?

『アイアンマン2』のクライマックス、スターク・エキスポのシーンでは、スターク・インダストリーズのライバル会社であるハマー・インダストリーズの開発した二足歩行ロボット「ドローン」がハッキングされて暴走。途中、あるドローンがひとりの少年に狙いを定めるという場面がある。アイアンマンの格好をしていた少年がドローンを倒そうと左手を掲げたとき、トニー・スターク/アイアンマンがやってきてドローンを撃破するのだ。トニーは「よくやったぞ」と声をかけて去っていく……。

『スパイダーマン:ホームカミング』のプロモーションでハフィントン・ポスト誌のインタビューに登場したホランドは、ここでトニーに救われた少年がピーター・パーカーだったのだと話している。

「あれはピーター・パーカーだ、今日確認したんだよ。(インタビューの)まさに20分前、ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)と話したのさ。(『アイアンマン2』の話題は)古い作品の大きいネタバレだけど、今ではみんな知ってることだよね。クールだよ、ピーター・パーカーが最初からユニバースにいたってアイデアは気に入ったね」

まさか『アイアンマン2』でピーターとトニーが出会っていたとは……。もちろんこの話題は、ホランド自身が「今日確認した」と述べているだけあって『ホームカミング』の劇中ではまったく言及されないものだろう。

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

ところで、ハフィントン・ポスト誌によるインタビューではファイギ社長がこの事実を認めたかのように聞こえるが、メディアサイト「io9」のインタビューでは異なる様子が見えてきた。この話題の情報源を尋ねられたホランドは、こう答えているのである。

「(ハフィントン・ポスト誌の)インタビューの20分くらい前にケヴィン・ファイギと話したんだ。彼は認めなかったけど、良いストーリーだし面白いと思ったから、(この説には)僕が責任を持つよ」

すなわち“『アイアンマン2』にピーター・パーカーが登場していた”という説はトム・ホランド公認、マーベル・スタジオ非公認なのである。ややこしい! しかし、そもそもピーター・パーカー/スパイダーマンというキャラクターの映像化権はずっとソニー・ピクチャーズが有しているわけである。スパイダーマンがMCUに参入した現在でも、マーベル側が「実は『アイアンマン2』の少年はピーターでした!」とは公言しづらいのかもしれない……。

マーベル・スタジオ公認、『アイアンマン』とのリンク設定

しかしマーベル・スタジオも、ピーター・パーカーがMCUにずっと存在していたという設定を公式に採用しているようだ。『スパイダーマン:ホームカミング』を手がけたジョン・ワッツ監督は、「MCUの中で育ってきた」ピーター・パーカーと劇中の出来事の関係をこのように説明している。

「大きな出来事がふたつあったと考えるべきだね。ひとつは、トニー・スタークが“私がアイアンマンだ”と世界に公表するのをテレビで見たことだ。(ピーターには)すごく印象的だったと思うよ。その次は、『アベンジャーズ』で起きる出来事(ヒーローとチタウリの激突)が少年にとって大きかったはずさ」

ちなみにワッツ監督にとっては、ピーターがMCUをずっと生きてきたという事実、そして『シビル・ウォー』ですでに活躍していることが『ホームカミング』を撮る上で非常に重要だったのだという。

なぜ16歳(原文通り)の少年がスーパーヒーローになろうと考えたのか、それを描くのに時間をかけずに済んだのさ。僕たちは(『ホームカミング』の)楽しい部分にすぐ入っていけたんだ」

あえて野暮を承知で言えば、トニーの宣言をピーターが見ていたということも、ヒーローとチタウリの戦いにピーターが影響を受けたということも、もちろんスターク・エキスポでピーターがトニーに助けられていたということも、すべては後付けにすぎない。しかしこんなにもワクワクする後付けが生まれることこそ、マーベル・シネマティック・ユニバースが積み重ねてきた10年という時間、そして魅力的なキャラクターと作品群の賜物だろう。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日全国ロードショー。せっかくなので、この機会に『アイアンマン』第1作から丸ごと見直しても楽しいはず!

 

Sources: http://www.huffingtonpost.com/entry/tom-holland-officially-confirms-spider-man-was-in-iron-man-2_us_59508ea4e4b0da2c731c7080
http://io9.gizmodo.com/tom-holland-confirms-that-peter-parker-appeared-in-iron-1796423390
http://pop.inquirer.net/2017/06/spider-man-comes-home-mcu-fun-filled-action-adventure/
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly