Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』MCUでは「スパイダーセンス」に別の呼称がある模様

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2019 MARVEL.

スパイダーマンといえば、並外れた運動神経や壁に貼り付く能力、手首から放つクモ糸を武器に活躍するスーパーヒーローだ。ほか、スパイディを象徴する能力として欠かせないのが、クモの第六感…、いわゆる「スパイダーセンス」である。

スパイダーセンスは、身に降りかかる危険を事前に察知できる能力。このおかげでスパイダーマンは敵の攻撃をうまくかわすことが出来る他、「嫌な予感」に感づくことも可能だ。たとえば『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、サノスの一味エボニー・マウがQシップで地球を襲来した際、スクールバスの中でその危機を感じ取っていた。


これまで、あらゆるコミックやゲームで「スパイダーセンス」と呼ばれたこの能力だが、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でマーベル・シネマティック・ユニバースは別の呼称を用いるという。

Comicbook.comが本作出演者から聞かされたという情報によると、その呼び方とはズバリ“Peter Tingle”、カタカナで書き表すなら「ピーター・ティングル」だ。”tingle”の意味は、「うずく」「ひりひりする」「ぞくぞくする」といったところ。「ピーターのうずき」、といったところか。

この新呼称は、伝統的なスパイダーマンの設定にアレンジを加えるMCUの性質を考えればさほど驚くことでもないかもしれない。カメラ趣味のないピーター・パーカーや、メリー・ジェーンではないMJなど、MCUのスパイダーマンは新たな解釈で独自の世界観の確立を試みている。でも、現時点では「スパイダーセンス」の方がずっと耳にも馴染み深いだろう。

果たして、劇中で”Peter Tingle”と明言されるシーンはあるのだろうか。映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日(金)世界最速公開

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp/

Source:Comicbook.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly