Menu
(0)

Search

『ヴェノム』上映時間が判明、ソニー『スパイダーマン』史上最短に ― 米レーティングは「PG-13」の見込み

ヴェノム
(c) 2018 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (c) & TM 2019 MARVEL.

マーベル屈指のダークヒーローであり、スパイダーマンの宿敵ヴェノムを主人公とする単独映画『ヴェノム』の上映時間が明らかになった。米国のチケット販売サイトFandango、米映画館チェーンAMC Theatresのウェブサイトに掲載されている。

このたび公開された情報によると、『ヴェノム』の上映時間は1時間52分(112分)
ソニーが製作する映画版『スパイダーマン』シリーズ作品としては、サム・ライミ監督による3部作、マーク・ウェブ監督による『アメイジング・スパイダーマン』2部作、そして『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のいずれよりも短い、『スパイダーマン』史上最短の一本となる。

https://www.fandango.com/venom-2018-208501/movie-overview スクリーンショット[2018年9月14日14:00]
https://www.amctheatres.com/movies/venom-53391 スクリーンショット[2018年9月14日14:00]

近年、大作ヒーロー映画は長尺化の傾向がある。とりわけ、複数の作品が要素と物語を共有するマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品はそうした傾向が顕著にみられるだろう。実は『ヴェノム』の1時間52分という長さは、MCU作品で最も短い『インクレディブル・ハルク』(2008)、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2014)の上映時間に等しい。
本作はMCUと世界観を共有しないといわれているため、いわばソニーによる映画版『スパイダーマン』ユニバース(SUMC)の第1弾となるわけだ。制約のない、のびのびとしたストーリーテリングに期待しよう。

なお『ヴェノム』は、「目玉…肺…すい臓…全部喰ってやる」というセリフにも象徴されるように、ファンの間ではグロテスクな描写が期待されてきた作品である。したがってR指定が望まれる節もあったわけだが、以前ソニー幹部がR指定の回避を望んだと伝えられていたように、どうやら米国ではPG-13指定作品(13歳未満の鑑賞には保護者の指導が望ましい)となるようだ。
スタジオによる公式発表はなされていないが、Fandangoのエリック・デイヴィス氏は「正式にPG-13指定となった」という情報を入手している。その決断に至った理由も、以前報じられた内容と一切矛盾していない。

『ヴェノム』の(米国)レーティングは正式にPG-13となりました。スタジオの関係者に聞いたところ、理由はスパイダーマンとヴェノムをいずれどこかで対決させるためだそうです。本作がR指定になれば、それは難しいでしょう。」

『ヴェノム』がPG-13指定となる場合、注目すべきは、その描写がいかに“ギリギリを攻めた”ものになるかだろう。決定的なものを見せないことで観客の想像力に委ね、かえってグロテスクな印象を抱かせる演出もありうるわけで……作り手の真価が問われる局面といえるかもしれない。

本作で主人公エディ・ブロックを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)や『レヴェナント 蘇えりし者』(2015)のトム・ハーディ。そのほか『グレイテスト・ショーマン』(2017)や『マンチェスター・バイ・シー』(2016)のミシェル・ウィリアムズ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のリズ・アーメッドらが出演する。監督は『ゾンビランド』(2009)のルーベン・フライシャーが務め、テーマ曲“Venom”はエミネムが担当した(アルバム「Kamikaze」収録)。

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー。

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Sources: Fandango, AMC, Erik Davis

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly