Menu
(0)

Search

マーベル「ロキ」製作が完了、「実家のキッチンテーブルで終わらせた」と監督が報告

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ドラマ「ロキ」の製作が完了したことを監督を務めるケイト・ヘロンが報告した。作品が完結した後に知るような裏話も添えている。

ケイト・ヘロンは、本シリーズの6話全てで監督を務めている。『マイティ・ソー』シリーズの人気ヴィラン、ロキ初の単独作品とだけあり、さっそく圧倒的な人気を得ている本作だが、マーベル・スタジオに企画を持ちこんだのもケイトだ。本作への思い入れがいっそう強いであろうケイトは、製作終了にあたり、自身のTwitterで喜びを表した。「『ロキ』の最終回を終えました。今はディズニープラス(Disney+)に向かいました!」。

本シリーズでのロキと似た角を付けて大きくガッツポーズする男を捉えたGIF画像からは、ケイトの達成感がうかがえる。「ロキ」を完成させた時には実家にいたというケイトは「キッチンテーブルの前に座って、(作業を)終えることが出来たなんて信じられません」と綴っている。さらに、「約2年前に私のピッチを構想した時のテーブルと同じなんです」と続けるケイト。始まりと終わりが同じ場所だったことも相まって、いまや大人気となった作品の現在地に感無量なのだろう。

最後にケイトは、スタジオや仲間への感謝を記した。「マーベル・スタジオの皆さん、私の人生を変えてくれてありがとうございます。そして素晴らしいチームの皆さんも」。製作は完了した本シリーズだが、物語は道なかば。2021年6月23日に第3話の配信を控えている。序盤から急展開を迎えた「ロキ」の行く末からは目が離せない。

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly