Menu
(0)

Search

『007』5代目ジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンが強盗映画に挑む ─ 『ダイ・ハード2』レニー・ハーリン監督とタッグ

ピアース・ブロスナン
Photo by Siebbi https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pierce_Brosnan_Berlinale_2014.jpg

『007』シリーズの5代目ジェームズ・ボンド役で知られるピアース・ブロスナンが、新作スリラー映画『The Misfits(原題)』で主演を務めることがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

本作は有名な犯罪者であるリチャード・ペースが、中東を舞台に、大規模かつ精巧な強盗計画に巻き込まれていくストーリー。監督を務めるのは、『ダイ・ハード2』(1990)や『クリフハンガー』(1993)のレニー・ハーリン。ブロスナンとハーリン監督のタッグ、90年代のアクション映画ファンにはたまらない組み合わせだ…!

今回の報道に際して、ハーリン監督は「ピアースが参加してくれたことを非常に嬉しく思います。ピアースと僕は長いあいだ友人同士で、一緒にやれる企画をずっと探していました。この映画で主演を務めるのに、これ以上の適任はいません」とコメント。盟友ブロスナンの参戦に喜びを露わにしている。

ブロスナンのほか、本作に出演するのは、ドラマ「The Gifted」(2017-)のジェイミー・チャンと、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2018)のハーマイオニー・コールフィールド。プロデューサーは『シン・シティ 復讐の女神』(2014)のキア・ジャムらが務める。

撮影は2019年2月中にもアラブ首長国連邦の首都アブダビにて開始予定。アブダビをロケ地に選んだことに対して、ジャム氏は「アブダビを訪れ、視察した際には圧倒されました。この映画を正しく製作するためには、ロサンゼルスではなくアブダビを中心に撮影を敢行すべきだと全員一致で決定したんです」とコメントしている。

映画『 The Misfits(原題)』の米国公開日は未定。ちなみに撮影の拠点は、アブダビにある高級ホテル「ジュメイラ・アット・エティハド・タワーズ」に構えられるということだ。

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly