Menu
(0)

Search

ディズニー『ピノキオ』実写版、監督・脚本に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ロバート・ゼメキスが就任

ピノキオ
Public Domain https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pinocchio_1940.jpg

ウォルト・ディズニー製作の実写映画版『ピノキオ(原題:Pinocchio)』の監督・共同脚本に、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)で知られる名匠ロバート・ゼメキスが就任したことが分かった。この就任交渉は、2019年10月より伝えられていたものだ。Deadlineなどが報じている。

実写映画版『ピノキオ』は、カルロ・コッローディの絵本『ピノッキオの冒険』が原作のアニメ映画『ピノキオ』(1940)を実写化する作品として企画が進行中。アニメ版では、ゼペット爺さんによって作られた操り人形ピノキオが、青い妖精ブルー・フェアリーに命を与えられ、本物の人間になることを夢見る冒険物語が描かれている。

共同脚本でタッグを組むのは『シンデレラ』(2015)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のクリス・ワイツ。製作総指揮は『キャスト・アウェイ』(2000)や『フライト』(2012)などでゼメキス監督と何度も組んだ経験のあるジャック・ラプケが務める。ほか、製作には共同脚本のワイツと、77回ゴールデン・グローブ賞で2部門ノミネートされたテレビ映画『フェアウェル』(2019)のアンドリュー・ミアノが就任している。

ウォルト・ディズニーは202123年の期間にピクサー、マーベル作品を除いて、15作のディズニー実写版映画の公開予定日を公表しており、この中に本作が含まれる可能性もある。公開予定日やキャストは現時点で不明だが、早ければ2020年末にも製作が開始される見込みだという。

Source:Deadline,waltdisneystudios.com

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly