Menu
(0)

Search

『PLAY 25年分のラストシーン』11月6日公開決定、日本版予告編が到着 ─ 13歳から38歳、何を得て何を失ったのか

PLAY 25年分のラストシーン
©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

2019年のサン・セバスティアン国際映画祭で、斬新な試みが話題を呼んだフランス映画『PLAY 25年分のラストシーン』が2020年11月6日(金)より全国順次公開となる。本作は当初6月5日より公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響で公開延期となっていた。このたび、声優・小野賢章がナレーションを務めた日本版予告編と場面写真も到着している。

1993年、パリ。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、陽気で温かい家族や友人たちとの日々を撮りはじめる。やがて、それは彼のライフワークともいえる趣味になっていった。それから25年後、38歳のマックスは撮りためた25年分の映像を振り返り、編集していた。映っていたのは、エマと初めて出会った日、仲間との夜遊び、旅行、サッカーW杯、ミレニアム、挫折、成功──そこには、いつも一緒に過ごしていた4人の仲間たちとの日々、そして彼のすべてが記録されていた。素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに「映画」のラストシーンを準備する……。

PLAY 25年分のラストシーン
©2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR
PLAY 25年分のラストシーン
©2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

本作は1990年代から2010年代までの25年間の物語を、撮り続けたホームビデオの映像をつなぐという手法によって、当時の空気感をリアルに再現。90年代カルチャーを彩ったジャミロクワイ、オアシス、レニー・クラヴィッツ、アラニス・モリセットらの名曲、フランスサッカーW杯や21世紀へのカウントダウンなど、現実の90年代~10年代を彩った出来事が劇中にはさまざまに登場する。

公開された予告編は、主人公マックスが「撮り続けて25年になる。最初から再生しよう」とカメラに向かって話す場面から始まる。映し出されるのは、家族や友人たちの笑顔、W杯のどんちゃん騒ぎ、初恋の相手であるエマに素直になれなかった過去、そして自分の現実。ナレーションは『ハリー・ポッター』シリーズや『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)の吹替などで知られる小野賢章。「未来は変えられるから、とっておきのラストシーンを」と語りかける。

PLAY 25年分のラストシーン
©2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER / PHOTOS THIBALUT GRABHERR

アントニー・マルシアーノ監督は、時代の空気感を再現すべく、90年代のビデオ画質に近づけるカメラテストを半年かけて行ったり、ラッシュフィルムのようなラフさを演出するために聞き取れないセリフをあえて入れるなど、通常とは逆の整音作業にもこだわった。なお本作では、2001年の米国同時多発テロ事件や2015年のパリ同時多発テロ事件などを編集段階でカットしたとのこと。監督は「人生の悲しい出来事を撮るためにビデオカメラを使うわけではない。マックスがカメラに夢中になったのは、ありふれた日常の中にある平凡な幸せと、いつも自分のそばにいてくれた大切な人たちを記録するためだったから」と理由を明かしている。

映画『PLAY 25年分のラストシーン』は2020年11月6日(金)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA、kino cinéma立川髙島屋S.C.館ほか全国順次公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly