Menu
(0)

Search

ニコラス・ケイジの好きな日本語は「お疲れさまです」、「アメリカで日常的には言わないから」 ─ 『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』で覚える

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド
©2021 POGL SALES AND COLLECTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『愛のむきだし』(2008)『冷たい熱帯魚』(2010)など数々の問題作を世に送り、常に日本映画界の話題をさらい続けている園子温が、監督としてついにハリウッドデビュー。主演のニコラス・ケイジ、監督の園子温というふたつの才能の奇跡的な融合から生まれた痛快エンターテインメント、『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』が2021年10月8日に日本上陸だ。この度、ニコラス・ケイジが見事な日本語を使いこなす本編映像が特別公開された。

舞台は架空の未来都市サムライタウン。悪名高き銀行強盗のヒーロー(ニコラス・ケイジ)はある日、街を牛耳る悪徳支配者ガバナー(ビル・ モーズリー)のもとから逃げ出したバーニス(ソフィア・ブテラ)を連れ戻すよう命令を受ける。いったんはその命令を拒んだものの、制限時間を超えると爆発するスーツを無理やり装着され、ゴーストランドまでバーニスを追う羽目に。決められた時間内にサムライタウンに戻らねば自身の命が危ない。ヒーローは無事時間内にバーニスを連れ戻すことが出来るのか?

このたび公開された本編映像は、ヒーローが、ゴーストランドでバーニスと子供たちにお茶をご馳走になる場面だ。子供たちは見知らぬ来訪者に怯えた表情をしているが、ヒーローが「ありがとうございました」とお茶を受け取り、一口飲んだ後に「美味しい」と日本語で礼儀正しく気持ちを伝える。その姿にゴーストランドに住む子供たちと、ヒーローとの心の距離が一気に縮まってゆく、そんな温かいシーンだ。

2021年9月中旬に行われたインタビューでニコラス・ケイジは、劇中の日本語について、「とても上手でしたね!」と褒められると、子供のころ父親に「日本語は未来の言語だ、ビジネス面で助けになる」とロサンゼルスのオレンジ郡にある日本学校に4年生から入学したというエピソードを語ってくれた。「悲しいことに、僕は学んだ日本語をほとんど覚えていない。覚えていたらよかったのにと思いますよ。彼(父)は正しかったんです」と日本語を忘れたことを後悔している様子だ。

しかし、本作は滋賀県の彦根市をメインに撮影され、園子温組のスタッフをはじめほとんどが日本人という現場で「覚えた日本語はありますか?」と問われると、「“お疲れさまです”(日本語で)。それが僕が大好きな日本語ですよ。“お疲れさまです”。一生懸命働いたことに感謝してもらえる。とてもありがたく思います。アメリカには“お疲れさまです”って日常的に言うようなことはないですからね。だからその言葉ですよ」と、“お疲れ様です”にこめられた感謝の気持ちが気に入ったことを教えてくれた。

日本語にまつわる話の中で、映画監督でありニコラス・ケイジの叔父、フランシス・フォード・コッポラとのエピソードを思い出したニコラスは、こんな話も披露してくれた。

「面白い話をしますね。僕が子供の頃、サンフランシスコの叔父のお屋敷によく行ったんです。フランシス(・フォード・コッポラ)おじさんは、ソニーの社長と友達だったんです。彼の名前はサムっていうんです。彼が、フランシスにハイって言うために、東京からやって来ました。大きなパーティーでしたよ。フランシスは、彼の甥が日本学校に通っていることを自慢しようとしたんです。そしたら、ソニーの社長のサムは、“オッケー。もし日本語を話せるなら、どんな言葉を知っているの?”って言ったんです。それで僕は、“ヤサイ”って言ったんです。彼は、“おお、オッケー。それは興味深いね。ほとんどの人々は、グッドモーニングとかハローとか言うのに、きみは『野菜』って言ったね”って言っていました。なぜ僕がそう言ったのかはわかりません。愚かですね。でも、可笑しかったですよ」。

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド
©2021 POGL SALES AND COLLECTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』は、2021年10月8日(金)より、TOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー。

ニコラス・ケイジがフンドシ姿に?

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly