Menu
(0)

Search

リドリー・スコット『グラディエーター』続編が着実に進行中 ─ 2024年以降の公開か

グラディエーター
© DreamWorks SKG Photo: Jaap Buitendijk 写真:ゼータ イメージ

リドリー・スコット監督、『グラディエーター』(2000)続編企画が着実に前進しているようだ。この度、本作の製作時期が明らかにされている。

『グラディエーター』は、ローマ帝国時代を舞台に、ラッセル・クロウ演じる復讐に燃える剣闘士の死闘を描き、アカデミー賞作品賞ほか世界中の映画賞を総なめにした名作だ。続編の話題は、2018年11月に初めて報じられたもので、主人公は、前作のマキシマス(ラッセル・クロウ)ではなく、コモドゥス(ホアキン・フェニックス)の甥であり、ルシッラ(コニー・ニールセン)の息子、ルキウスになる見込みと伝えられていた。物語の舞台は前作の25~30年後になるとのことだ。

2020年6月には、プロデューサーのダグラス・ウィックが脚本作業の最中にあることを明かしていた。「(前作に関わった)全員が映画を愛しているからこそ、雑に扱ったり、劣化版を作ったりすることはできません」「作る価値があると思えるところまで持っていけるかどうか、これが大きなチャレンジ。まさしく脚本の問題ですよ」。続編実現の鍵を握るのは脚本にあるようだ。

この度、課題となる脚本を執筆している監督のリドリー・スコットは、Empireのインタビューにて続編の進捗について、「『グラディエーター』続編の脚本を書いているところです」と報告。スコット監督は前作では脚本には参加していない。

製作時期については、ホアキン・フェニックス主演、ナポレオン・ボナパルトを主人公とする歴史劇『Kitbag(原題)』の次になるとのことだ。スコット監督は、「ナポレオンの作品が完成したら、『グラディエーター』に進みますよ」と話している。米Colliderによると、『Kitbag』は2023年内の公開を目指しているとのこと。つまり、『グラディエーター』続編企画は2024年以降の公開となる可能性が高そうだ。

ちなみに、リドリー・スコット監督は今後の公開作品として、マット・デイモン&アダム・ドライバー&ベン・アフレック共演作『最後の決闘裁判』(2021年10月15日公開)、そしてレディー・ガガ&アダム・ドライバー&アル・パチーノ&ジャレッド・レト共演作『House of Gucci(原題)』(2021年11月26日に米国公開)が待機中だ。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モーリタニアン 黒塗りの記録

【レビュー】『モーリタニアン 黒塗りの記録』シリアスと娯楽性のバランス ─ カンバーバッチも自ら出演志願した理由とは

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

Ranking

Daily

Weekly

Monthly