Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』クリス・プラット、バットマン役就任を望む声に驚愕 ─ 「ロッテントマトで0%、取りましょう」

クリス・プラット
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/29850075278/ Remixed by THE RIVER

マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでスター・ロード役を演じているクリス・プラットが、DCコミックスの人気ヒーロー、バットマン役の後任者として自分の起用を望む声があることに驚いている。


クリス・プラットのバットマン、アリ?ナシ?

現在企画が進められている、『猿の惑星:新世紀』(2014)マット・リーヴス監督による単独映画『ザ・バットマン(邦題未定、原題:The Batman)』には、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)よりバットマンを演じてきたベン・アフレックが出演しない。その理由は「若いブルース・ウェインの姿が描くため」で、新たなバットマン役の俳優をめぐっては、すでにファンの間で予想合戦が行われている状況だ。

米MTV Newsのインタビュアーによれば、アイルランドの賭け屋では「次のバットマンはクリス・プラット」との予想に“16対1”のオッズがかかっているそう。その事実を知らされたプラットは、しばし言葉を失ってから「本当?ワオ…知りませんでしたね」と驚きを隠せない様子だ。確かに、チャーミングで明るい役の多いプラットが、寡黙なバットマン役を演じる姿は些か想像しづらいような……。

さらにプラットは、米国の大手レビューサイトの実名を挙げながら「その賭けで予算を稼いで、ムダなバットマンを作りましょう。Rotten Tomatoesで0%を取れるやつ」と悪ノリを開始。インタビュアーに「あなたがジョーカーをやるのは?」とオファーを出すと「失敗する方法を見つけてしまいましたね」と返され、二人で大笑いしている。それでもプラットは、最後に「演じられたら嬉しいですよ。最高です」と付け加えることも忘れなかった。

なお、賭け屋にてプラット以上の“次期バットマン候補”として目されているのは『ナイトクローラー』(2014)のジェイク・ギレンホールと『君の名前で僕を呼んで』(2017)アーミー・ハマーだそう。ちなみにギレンホールは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)でミステリオを演じることが決定しており、アメコミ映画への仲間入り済みだ。

プラットは二人がバットマンを演じる姿について「想像できますね」と真面目にコメント。しかし、すぐに再び“冗談モード”に戻ると、「何回も映像化されているから、これ以上何ができるか分からないな。声を低くするとか(笑)? もっとガラガラにできますよ、こんな感じで(低い声で)“バットマン”って」とチャーミングな姿を見せている。

プラットが声優を務める映画『レゴ® ムービー2』は2019年3月29日(金)全国ロードショー

Source: MTV News

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly