Menu
(0)

Search

『プレデター:ザ・プレイ』監督、『アサシン クリード ヴァルハラ』をきっかけに依頼した製作陣がいた

プレデター:ザ・プレイ
(C)2022 20th Century Studios

ディズニープラス「スター」によるプレデター』シリーズ最新作、『プレデター:ザ・プレイ』はゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』から影響を受けていることが、かねてよりメガホンをとったダン・トラクテンバーグ監督より明かされていた。どうやら、ゲームファンであるトラクテンバーグ監督は、ほかにも『アサシン クリード ヴァルハラ』をプレイしたことをきっかけに、映画における重要な役割を果たす部門の担当者を決めるに至ったようだ。

その部門とは音楽であり、起用されたのは作曲家のサラ・シャッハナー。恐れ知らずの戦士エイヴォルが、新たな定住地を求めて敵を征服していくステルス・アクションゲーム『アサシン クリード ヴァルハラ』にて、イェスパー・キッドとアイナー・セルヴィと共に作曲を手掛けた人物だ。『アサシン クリード ヴァルハラ』をプレイしたトラクテンバーグ監督は、その素晴らしい音楽に感銘を受けたのだという。Twitterにて監督自らが、シャッハナーの起用背景を説明している。

「(カナダ・)カルガリーで本作の準備をしているとき、『アサシン クリード ヴァルハラ』をプレイしていたんです。そしたら、“この音楽はなんて美しいんだ。誰が作曲したんだろうか”となりまして。その答えは、サラ・シャッハナーでした。今後、彼女の曲をたくさん聴くことになるでしょう。約束します…。」

ちなみにシャッハナーは、『アサシン クリード ヴァルハラ』のほかに、ゲーム『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』や『ANTHEM』、そして映画『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(2016)にも音楽部門として参加していた。トラクテンバーグ監督が言うようにさらなる活躍が期待される逸材だ。『プレデター:ザ・プレイ』の音楽にも注目しよう。

映画『プレデター:ザ・プレイ』は、ディズニープラス「スター」にて独占配信中。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly