Menu
(0)

Search

『パシフィック・リム:アップライジング』ディレクターズ・カットは2時間18分あった ― 監督「2時間を超えるべきじゃない」

パシフィック・リム:アップライジング
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は、上映時間111分というタイトな長さの大作映画だ。2013年公開の前作に比べると約20分短いわけだが、どうやら本作は、監督自身の手によって編集段階で大幅にカットされていたという。米UPROXXのインタビューにて、スティーヴン・S・デナイト監督が明かしている。

『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガとスティーヴン・S・デナイト監督インタビュー
©THE RIVER

「この映画は当初、少したるんでいたんですよね。脚本が長すぎて」
スティーヴン監督がこう語る背景には、撮影に至るまでの紆余曲折があった。監督がプロジェクトに参加した時点で、本作にはギレルモ・デル・トロ(前作監督)が執筆したものを含む全く異なる脚本が3種類存在したという。時間をかけて練られた複数のストーリーから要素を採り入れながら、監督は再執筆を重ねて完成稿を作り上げていたのである。

その後、撮影を経て編集に臨んだ監督が対峙したのは、“映画が長すぎる”という実感だった。

「編集スタッフに作ってもらったのがおよそ2時間半で、僕のディレクターズ・カット版が2時間18分でした。この映画に契約した時、レジェンダリー(・ピクチャーズ)にこう話したんですよ。“僕はこのジャンルが大好きだけど、この世界観でこのストーリーなら2時間を超えるべきじゃない”って。(作品が)たるんでる、と思いました。そこで、ぶった切ったりザックリ切ったり……削除するのが辛いのも、そうじゃないのもありましたね。目標ははっきりしていました。無駄を全部削ぎ落とすことです。」

監督によれば、削除したシークエンスとして、ドローンがサンタモニカのビーチに届けられる場面などがあったという。きちんとシーン全体を撮影したものの、主要人物に焦点を絞るべくカットすることを決めたそうだ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督がカメオ出演した場面も、この過程でカットされてしまったのではないだろうか……。

完成版の111分という上映時間について、スティーヴン監督は「最適なものになった」と語っている。しかしファンの中には、監督が当初想定していた2時間18分のディレクターズ・カット版を観てみたいという人も少なくないはずだ。関係者各位、ぜひブルーレイへの収録のご検討を!

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月13日より全国の映画館にて公開中

『パシフィック・リム:アップライジング』公式サイト:http://pacificrim.jp/

Source: UPROXX
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly