PS4ゲーム『スパイダーマン』に『インヒューマンズ』ロックジョー像登場の裏事情

2018年9月7日(金)より発売となったスパイダーマンの最新ゲーム『Marvel’s Spider-Man』(PS4®用ソフトウェア)は、圧倒的なグラフィックで忠実に再現されたニューヨークの街を自由に移動できるオープンワールドアクションアドベンチャー。ゲーム世界には、マーベル作品ならではの遊び心たっぷりのイースターエッグ(お楽しみ・隠し要素)がいくつも散りばめられており、例えばアベンジャーズタワーやドクター・ストレンジの館サンクタム・サンクトラム、ワカンダ大使館などのランドマークを訪れることができる。

ゲーム内でウォール街を訪れると、そこには『インヒューマンズ』の巨大なロックジョーの銅像が鎮座している。マーベル・ゲームのクリエイティブ・ディレクター、ビル・ローズマンによれば、このロックジョー像の登場の裏には、ちょっとした大人の事情があったという。

現実世界でロックジョー像のある場所には、”チャージング・ブル”と呼ばれる、突進する雄牛をかたどった巨大な銅像が設置されている。1989年に登場したこの像は、ウォール街および金融街のシンボルとして親しまれている。

現実世界、ウォール街の雄牛像。Photo by Sam valadi

しかし残念ながら、『Marvel’s Spider-Man』でこの像の使用許可がおりなかったため、代わりに『インヒューマンズ』ロックジョーの像を置き換えることにしたのだという。実際の人々が雄牛像とそうするように、同ゲームでプレイヤーはスパイダーマンとなってウォール街のロックジョー像とセルフィーを撮ることが出来る。

インヒューマンズ

ドラマ「インヒューマンズ」のロックジョー。(C)2017 MARVEL

ロックジョーは、マーベル『インヒューマンズ』に登場する、テレポート能力を持つ巨大な犬。実写ドラマ「インヒューマンズ」にも登場していた。

PS4®用ソフトウェア『Marvel’s Spider-Man』は、2018年9月7日(金)発売。どんなゲームか気になる方は、こちらのレビュー記事をチェック。

Source:

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。