DC映画『ウォッチメン』ナイトオウル役俳優、ドラマ版にも出演希望!「映画の撮影は本当に楽しかった」

ザック・スナイダー監督による映画『ウォッチメン』(2009)は、アラン・ムーア原作、デイヴ・ギボンズ作画による傑作コミックの実写化作品だ。当時からあらゆる意味で賛否両論、しかし現在に至るまでヒーロー映画の記念碑的作品としても語られるこの映画でダニエル・ドライバーグ/ナイトオウルII世役を演じたのが俳優パトリック・ウィルソンだった。

現在、コミック『ウォッチメン』は米HBO局にて新たにドラマシリーズ化の計画が進められている。脚本・プロデュースなど製作を統括するショーランナーには、ドラマ『LOST』(2004-2010)を手がけたデイモン・リンデロフ氏が起用された。
実写映画版の公開から9年が経とうとしている現在、パトリックは、『ウォッチメン』ドラマ版でのナイトオウルII世役再演を希望している

パトリック・ウィルソン「映画の撮影は本当に楽しかった」

Yahoo! MOVIESの取材に対して、パトリックは『ウォッチメン』撮影当時の思いや、ドラマ版への期待を口にしている。インタビュアーに「ドラマ版にもし関われるとしたら?」と尋ねられた彼は、「想像できないな」と前置きしてから、このように語ったのだ。

「出演の話は一切ないですよ。僕たち(編注:映画版)とはできるだけ距離を置きたい、と思われてるのも理解してます。でも、僕はデイモン・リンデロフが大好きで。彼らがどんなことをするのか、見るのがすごく楽しみなんです。
あの映画を撮るのは本当に楽しかったですね、もっとあそこにいたいと思ってました。もう一度、ダン(ダニエル)を演じたいですね。今ではみんな、役柄にふさわしい年齢になってますよ!

インタビューの最後に、パトリックは「またやりたいんですけど、話がありませんからね。みなさんと同じで、僕も一人のファンなんですよ」とコメントしている。どうやらパトリックにとって、映画『ウォッチメン』は特別な思い出になっているようだ。

 

ドラマ版『ウォッチメン』の製作は2017年9月にスタートしており、ドクター・マンハッタン役をジョン・シナが演じるのではないかともいわれているが、具体的な情報は一切明らかになっていない。この発言をきっかけに、映画版のキャストがカムバックしても面白そうだが……。

なおパトリックは、近年になって再びDCコミックス作品との縁が深まりつつあり、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)には大統領役で声の出演を果たしているほか、2018年12月に米国公開される『アクアマン(原題:Aquaman)』ではヴィランのオーシャンマスター役を務めている。久々のヒーロー映画、その活躍をぜひ見届けよう。

Source: https://uk.movies.yahoo.com/commuter-interview-patrick-wilson-wants-reprise-watchmen-role-exclusive-122639475.html
Eyecatch Image: Photo by Tristan Bowersox ( https://www.flickr.com/photos/9516941@N08/3944029615 )

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。