ドラマ版『ウォッチメン』ついに製作始動!『LOST』脚本家が正式参入、パイロット版を製作へ

アラン・ムーア原作、デイヴ・ギボンズ作画による1986-1987年の傑作コミック『ウォッチメン』がついにドラマ化される。アメリカのケーブルテレビ局HBOが、テレビシリーズのパイロット版製作にゴーサインを出したことがわかった。米ハリウッド・レポーター誌、バラエティ誌など複数のメディアが報じている。

このたびドラマ版『ウォッチメン』製作のために起用されたのは、ドラマ『LOST』(2004-2010)でショーランナーを務めたデイモン・リンデロフ氏。HBO製作ドラマ『LEFTOVERS/残された世界』(2014-2017)も手がけており、2017年6月には『ウォッチメン』の契約交渉に参加していると報じられていた。リンデロフ氏はパイロット版のほか、その後の脚本にも携わるという。

もともと『ウォッチメン』は2009年にザック・スナイダー監督の手で映画化されたのち、2015年にはHBOがドラマ化企画に着手していた。しかし2017年6月、リンデロフ氏との交渉に至るまでは長らく続報が聞かれていなかったのである。

リンデロフ氏本人が始動を報告

HBOが『ウォッチメン』製作を公式に認める前日の2017年9月19日(現地時間)、リンデロフ氏は自身のInstagramにてドラマ版の製作が始まったことを示唆していた。“Day One.(1日目)”というキャプションで投稿されたのは、原作コミックに登場するナイトオウル1世/ホリス・メイソンの引退を記念する像である。

Day One.

Damonさん(@damonlindelof)がシェアした投稿 –

『ウォッチメン』を手がけることになったリンデロフ氏は、映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2012)や『ワールド・ウォーZ』(2013)、『トゥモローランド』(2015)などを手がけてきた人物だ。2017年7月、彼は『ウォッチメン』というコミックの存在が自分自身にとって大きすぎるため、ドラマ版を引き受けるかどうか悩んでいると語っていたのである。そんな逡巡を乗り越えての正式登板、はたしてリンデロフ氏はいかなる勝算を見出したのだろうか……。

テレビシリーズ『ウォッチメン』は製作初期段階とみられ、2017年9月時点で放送時期は不明
ちなみに2017年4月、コミック『ウォッチメン』にはR指定でのアニメ化企画も浮上している

Sources: http://www.hollywoodreporter.com/live-feed/watchmen-moving-forward-at-hbo-pilot-order-1041707
http://variety.com/2017/tv/news/watchmen-pilotdamon-lindelof-1202564946/
http://ew.com/tv/2017/09/19/damon-lindelof-watchmen-writers-room/

Eyecatch Image: Photo by Tristan Bowersox ( https://www.flickr.com/photos/9516941@N08/3944029615 )

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。