Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ/MoM』サム・ライミ、スティーヴン・キング原作小説の映像化に前向き ─「将来一緒に仕事ができるかも」

サム・ライミ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/14586845507/

『死霊のはらわた』シリーズをはじめ、『スペル』(2009)などホラー映画の名手として知られる鬼才監督、サム・ライミ。どうやら巨匠小説家、スティーヴン・キングの作品を基にした映像化企画に関心があるようだ。

スティーヴン・キングといえば、『キャリー』『シャイニング』などでおなじみのホラーの帝王。ブライアン・デ・パルマやスタンリー・キューブリックなど錚々たる監督たちが彼の原作小説を映像化してきたが、ライミがキング原作の作品を自ら手がけたことはない。

Cinema Blendのインタビューにてライミは、キング原作の映像化への興味について訊かれたところ、「もちろんです」と回答。1970年代から映画監督として活動しているライミだが、これまでキングの原作小説を手がけなかった理由とは一体何なのだろうか。それはすでにほかの監督たちにより映像化済みの作品が多かったからのようだ。

「『シャイニング』は大好きな作品ですが、ほかの方がやっていました。『キャリー』もお気に入りの作品なんですが、私が本を読んだ時にはすでに映画化されていました。それから、『ナイトシフト』という彼の短編集が本当に素晴らしくて。ここに収録されている物語の多くは、素晴らしい映画になったことでしょう。ロブ・ライナーも素晴らしい作品を作っていて、私も作りたかったですよ。」

とはいえ、『IT/イット』などキングによる小説で数回にわたり映像化されてきたものもあれば、いまだ映像化されていない作品も存在する。「私が関わりたいと思う彼の素晴らしい作品はたくさんあるんです。将来的に、一緒に仕事ができるかもしれません」と、ライミは締めくくっている。ライミがキングの小説を映像化する場合、どの作品が合うだろうか?

ちなみにキングのファンであるライミは、『ザ・スタンド』『シャイニング』のテレビシリーズ版に出演したことがある。今度は俳優としてではなく、監督として参加してほしいところだ。

Source:Cinema Blend

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly