Menu
(0)

Search

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』ティモシー・シャラメの横顔大放出、美しすぎて彫刻の域

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

巨匠ウディ・アレン監督最新作、ティモシー・シャラメエル・ファニング主演レイニーデイ・イン・ニューヨークが2020年7月3日(金)に全国公開となる。このたび、“すべてが絵画のように美しい”ティモシーの横顔をとらえた新たな場面写真6点が到着している。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』でティモシーが演じるのは、小さなヤードレー大学に通い、モラトリアムの真っただなか、懐古主義の主人公ギャツビー。恋人のアシュレー(エル・ファニング)が、有名映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューする機会に恵まれたことをきっかけに、2人はニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。生粋のニューヨーカーであるギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。自分好みのクラシックなスポットを巡る計画を練っていたが、計画はまたたく間に狂い始め、思いもしない出来事が次々と起こる……。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

公開された新たな場面写真6点では、伏し目がちな表情で優雅にピアノを弾く姿、アシュレーと馬車に乗ってセントラル・パーク内の自然を見渡すカッ
ト、旧友と再会し過去を懐かしむ表情…は、シャープなあごと首のラインがもはや彫刻の域。チャン(セレーナ・ゴメス)とタクシーに乗り合わせるシーンでは、雨の中でも神々しい輝きを放ち、はつらつとした表情を見せる。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

そのほか、兄の家でソファに座ってくつろいでいるだけでモデルのようになってしまったり、チャンとの映画撮影では美しい横顔が夕陽に照らされてなお美しくなってしまうなど、どこを切っても美しいのがティモシー・シャラメ。もはや美の暴力である。本作では自身のアイデンティティに悩みながらも魅力を隠しきれない好青年ギャツビーを演じきっており、語り口調や猫背の姿勢はウディ・アレン監督を投影しているかのようだ。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

『君の名前で僕を呼んで』(2017)で名を馳せ、一躍スターダムへと駆け上がったティモシー・シャラメは、『レディ・バード』(2017)で主人公を翻弄するプレイボーイを、『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』(2017)でドラッグの売人へ道を踏み外していく少年の危うさを、『ビューティフル・ボーイ』(2018)で薬物依存症に苦悩する主人公を演じてきた。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』をはじめ、今後もウェス・アンダーソン監督『The French Dispatch(原題)』、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『Dune(原題)』、ジェームズ・マンゴールド監督によるボブ・ディラン伝記映画などが待機している。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

出演者はティモシー・シャラメのほか、『マレフィセント』シリーズのエル・ファニング、歌姫セレーナ・ゴメスという豪華若手キャストのほか、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のディエゴ・ルナ、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)のリーヴ・シュレイバー。充実した演技のアンサンブルを堪能したい。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は2020年7月3日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly