Menu
(0)

Search

ティモシー・シャラメ、学生映画のキスシーンでつい本気を出してしまう ─ 『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』より

レイニーデイ・イン・ニューヨーク
Photography by Jessica Miglio ©2019 Gravier Productions, Inc.

巨匠ウディ・アレン監督最新作レイニーデイ・イン・ニューヨークより、主演のティモシー・シャラメ、セレーナ・ゴメスの共演シーンが公開された。これぞ王道ロマンティック・コメディ、その真髄をどうぞ。

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。アシュレーが学校の課題で、有名映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にインタビューする機会に恵まれたのがきっかけだ。生粋のニューヨーカーであるギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内する計画を練っていた。しかし、2人の計画はまたたく間に狂い始めて……。

公開されたのは、ティモシー演じるギャツビーが、セレーナ演じる“元カノの妹”チャンと学生映画の撮影でキスするシーン。アシュレーにランチの約束をすっぽかされたギャツビーは、街中で学生映画を撮影している旧友と再会し、エキストラとして参加するのだ。相手役は、なんと元カノの妹であるチャン。もちろん、ギャツビーはチャンとのキスシーンにまったく集中できない。チャンに皮肉を言われ、ギャツビーは「通りがかりに頼まれただけで演技は未経験」と応じるが、3テイク目で思わぬ本気を出してしまう……。チャンは「できるじゃないの」と上から目線、アリゾナ出身のアシュレーに「アリゾナを楽しんで。砂漠で迷子にならないでね」と一言。ギャツビーは「水筒を忘れないよ」と作り笑いで応じる。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の演技と存在感も話題のティモシー・シャラメは、本作でウディ・アレン監督を彷彿とさせる主人公を演じている。一方、歌手・女優・モデルとして人気を誇るセレーナ・ゴメスは“元カノの妹”という絶妙な設定で登場し、憎らしくも愛らしい演技を見せる。

映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は2020年7月3日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly