Menu
(0)

Search

『ランボー5:ラスト・ブラッド』劇中写真、米国にて初公開 ― シルベスター・スタローン、黒いカウボーイハットで登場

https://twitter.com/Lionsgate/status/1058042034072637440 スクリーンショット

俳優シルベスター・スタローンの代表作、『ランボー』シリーズの第5作が『ランボー5:ラスト・ブラッド(邦題未定、原題:Rambo V: Last Blood)』として公開される。米ライオンズゲートの公式Twitterでは、劇中のスタローンを捉えた場面写真が初めて公開された。

これまでスタローンは、SNSを通じて本作撮影までの動向を随時伝えてきた。このたび公開された劇中写真で、スタローンは黒いカウボーイハットを被っているが、これは2018年10月上旬に撮影現場から届けられたスタローンの装いにも通じるものだ。

『ランボー5:ラスト・ブラッド』では、牧場で働いていたランボーが、友人の娘が誘拐されたことを受けてメキシコへ渡り、危険なカルテルとの対決に挑むストーリーになるという。全編のどれほどにわたってスタローンはこうした風貌で戦うことになるのだろうか。ちなみにスタローンのInstagramには、鋭利な刃物を握りしめる手を捉えた一枚も掲載されているが……。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Gripping the ‘Heartstopper “ … you just don’t turn it off” #dietmarpohl @dietmarpohl #pohl force

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 –

ちなみに本作のサブタイトルとなっている『ラスト・ブラッド』は、明らかにシリーズ第1作『ランボー』(1982)の原題である『First Blood』を踏まえたものとみられる。このタイトルから鑑みるに、とうとうシリーズ完結編となるのか…?

本作のメガホンを取るのは、メル・ギブソン主演『キック・オーバー』(2012)を手がけ、ドラマ「ナルコス」(2015-)などでセカンド・ユニット・ディレクターを務めたエイドリアン・グランバーグ。ドラマ「Absentia(原題)」(2017-)の執筆に携わったマット・サーアルニックが脚本を担当する。

映画『ランボー5:ラスト・ブラッド(邦題未定、原題:Rambo V: Last Blood)』は2019年秋米国公開予定

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly