Menu
(0)

Search

ディズニー『ラーヤ・アンド・ラスト・ドラゴン』米予告編はアクション満載、『モアナと伝説の海』監督が贈る

https://www.youtube.com/watch?v=9BPMTr-NS9s

『アナと雪の女王』シリーズや『モアナと伝説の海』(2016)を手がけたウォルト・ディズニーアニメーション・スタジオから、新たなヒロインが登場する。新作アニメ映画『ラーヤ・アンド・ラスト・ドラゴン(原題:Raya and the Last Dragon)』の米国版予告編が公開された。

「生まれた時から、龍の宝石の守護者になるために訓練を積んできた。だけど世界は変わって、人々はバラバラになってしまった。平和を取り戻すために、私が最後の龍を探さないと。私の名前は、ラーヤ。」

『ムーラン』(1998)をも彷彿とさせるトーンや世界観、『モアナと伝説の海』以上に凝った表現を期待させるアクション演出が詰まった予告編では、主人公のラヤがこう語る。孤独な戦士であるラヤは、存在する最後の龍・シスを探し、恐るべき悪人ドルーンの手から王国クマンドラを守らなければならないのだ。ティザー映像で“アクション映画”たることを強調するのは、凝った映像表現を特色とする近年のディズニー映画でも異色のアプローチといえる。

監督を務めるのは、『ベイマックス』(2014)『モアナと伝説の海』共同監督のドン・ホールと、異例の起用となった『ブラインドスポッティング』(2017)のカルロス・ロペス・エストラーダ。主人公ラーヤの声を『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のケリー・マリー・トラン、最後の龍・シス役を『フェアウェル』のオークワフィナが務めた。脚本は『クレイジー・リッチ!』(2018)のアデル・リム、ベトナム系アメリカ人の劇作家キュイ・グエン。

映画『ラーヤ・アンド・ラスト・ドラゴン(原題:Raya and the Last Dragon)』は2021年3月12日(金)全国ロードショー。

あわせて読みたい

Source: IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly