Menu
(0)

Search

『Ghost of Tsushima』続編企画が存在か ─ 開発元が新プロジェクトの求人情報を公開

Ghost of Tsushima
©Sony Interactive Entertainment LLC.

鎌倉時代の日本を舞台にした時代劇アクションゲーム、『Ghost of Tsushima(ゴースト・オブ・ツシマ)』を手掛けた開発会社「Sucker Punch Productions」の公式ウェブサイトに、新プロジェクトに関わる「ナラティブライター」の求人情報が掲載された。米GameRader+では、募集要項に記された内容から、正体不明の新企画が本作の続編なのではないかと推測されている。

この度、公開された新規の募集要項を確認したところ、確かに本作の続編と思い起こさせる条件が記されていた。本作の重要な要素の一つである、「封建時代の日本を舞台にした物語を描きたいという情熱」「建国時代の日本の歴史に関する知識」と明記されているのだ。

また、続編を予感させる要素は「建国時代の日本」に限らなかった。壮大な対馬の舞台を旅する上での臨場感を与えた要素である、「AAAオープンワールドの経験」「オープンワールドのナラティブデザインや、現代におけるオープンワールドゲームに関する深い理解」とも明記されている。もちろん、新プロジェクトの名称は公表されていない為、あくまでも推測に過ぎないのだが、「建国時代の日本」「オープンワールド」という二点の要素が条件として強調されていることから、可能性は十分にあり得ると言えそうだ。

ちなみに、『Ghost of Tsushima』の無料大型アップデートVer.1.1が、2020年10月17日に配信された。このアップデートでは、従来のシングルプレイモードへの追加要素や「二周目」の他、オンライン協力型マルチプレイモード「Legends/冥人奇譚」などが追加されている。

Source: GameRader+

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly