Menu
(0)

Search

『キャプテン・アメリカ』レッドスカル、MCU再登場の可能性は ─ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロス・マーカンドが持論語る

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
© LFI/Photoshot 写真:ゼータ イメージ

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)で、インフィニティ・ストーンのひとつ、ソウル・ストーンの門番として惑星ヴォーミアにて亡霊のような姿で再登場したレッドスカル。続く『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で門番としての役割から解放されたレッドスカルは、再び世界征服を目論むヴィランとして復活するのか、はたまた、全く別の野望を抱いているのか。

ヒューゴ・ウィービングの後を継いで『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』でレッドスカルを演じたロス・マーカンドは、米Nerds4Lifeのインタビューにて、レッドスカル復活の可能性について明かした。

もしレッドスカルが復讐心、あるいは野心を持っているのであれば、最初に彼がするのは、地球に帰ることなんじゃないでしょうか。あるいは、もしかしたら全く気にしていないのかも。僕は、無限の賢明さに加えて、痛みや苦しみに彼が呪われているところを想像するんです。おそらくレッドスカルは、あるレベルで見れば、もう(復讐や野望とは)無縁です。もう誰も征服する必要はありません。」

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)で登場したレッドスカルは、クリス・エヴァンス演じるキャプテン・アメリカに世界征服の目論見を阻止されている。それから『インフィニティ・ウォー』で登場するまでの間、レッドスカルの動向は描かれていない。

1942年が舞台の『ザ・ファースト・アベンジャー』から約70年を経たレッドスカルを演じるにあたり、マーカンドはアンソニー&ジョー・ルッソ監督から「ヒューゴが演じたレッドスカルに、少しヨーダっぽさを与えてほしい」と指示を受けたのだそう。「(『エンドゲーム』の)レッドスカルは84歳のイメージ。すでに幻影であり、幽霊のようなものなんです。僕たちが知っている極悪非道な野心のある男レッドスカルは、もういないんです」とマーカンドは述べている。

ロス・マーカンド
ロス・マーカンド Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/27960713233/

さらにマーカンドは、コミックに登場する破壊神“ギャラクタス”や、マーベル・ユニバースを監視する賢者“ウォッチャー”の例を挙げながら、「レッドスカルは必要な時のみ干渉するような世界の見張り人」になるのではないか……との想像を巡らせている。「ただし、彼が善と悪のどちらに力を行使するのかは興味深いところです」と独自の見解も加えている。

もっとも、レッドスカルの行く末を熱く語るマーカンドは、マーベルからの再演オファーについては「来ていません」と否定。マーカンド自身は再演に熱意を見せており、「元々、キャラクターはヒューゴのもの」と敬意を示しながら「もし彼の心が違う場所にあって、復帰を望まないのであれば、再び演じるのは光栄なことです」とコメントしている。ちなみにマーカンドは、レッドスカル役である以前に、自らもマーベル作品の大ファン。『エターナルズ(原題)』や『ドクター・ストレンジ』続編など、今後のマーベル・シネマティック・ユニバース作品を「めちゃくちゃ楽しみにしている」のだそうだ。

あわせて読みたい

Source: Nerds4Life

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly