Menu
(0)

Search

マッツ・ミケルセン『ライダーズ・オブ・ジャスティス』予告編 ─ 最強の丸坊主軍人、復讐の鬼と化す

ライダーズ・オブ・ジャスティス
© 2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

マッツ・ミケルセン主演、リベンジ・アクション・エンターテインメント『ライダーズ・オブ・ジャスティス』(2022年1月21日公開)より予告編が到着した。『ブレイカウェイ』(2000)『アダムズ・アップル』(2005)『メン&チキン』(2015)などのアナス・トマス・イェンセンとマッツがふたたびタッグを組んだ映画だ。

列車事故で妻を失った軍人のマークス(マッツ・ミケルセン)。事故は仕組まれたものだと主張する数学者とその仲間。傷ついた魂が交錯し、予測不可能な復讐劇が幕を開ける。偶然に導かれし男たちの正義の行方は、果たして。このたび公開された予告編は、電車での爆発事故で妻を亡くした軍人、マークスが復讐の鬼と化して暴れまくる過激な場面満載の内容になっている。

軍隊を抜け家に帰ったマークスは、妻の死を愛娘と悲しむも、ギャングが絡んでいると知らされてからはまさに暴走の展開に。ギャングのリーダーの弟を突き止めると、いとも簡単に首をボキッとひとひねり、至近距離でも容赦なく銃をぶっ放し、大暴れしていく。しかし、バイオレンスに惹きつけられる反面、マックスとは正反対な大人しい理数系の3人との銃の装填の場面などの掛け合いは笑いを誘う。「復讐なんて意味がない」とひとりの数学者が諭そうとするも、マックスからは顔面に強烈な一発が返ってくる。

マッツ・ミケルセンのほかキャストには、『特捜部Q』シリーズのニコライ・ リー・コース、『セレブレーション』(1998)のラース・ブリグマン、『アダムズ・アップル』のニコラス・ブロら、デンマークが誇る名優たちが集結。『罪と女王』(2019)で鮮烈な印象を残した新鋭、グスタフ・リンドも参加している。

ライダーズ・オブ・ジャスティス
© 2020 Zentropa Entertainments3 ApS & Zentropa Sweden AB.

映画『ライダーズ・オブ・ジャスティス』は、2022年1月21日(金)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly