Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ロケットのモデルとなったアライグマのオレオ君が死去 ─ プレミアではジェームズ・ガン監督の肩に

https://twitter.com/JamesGunn/status/492550971168677889

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)に登場するロケットのモデルとなった、アライグマのオレオ君が10歳で死去したことがわかった。

オレオ君は、MCUにロケットが初登場を果たした映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)の製作に参加。ロケットのモデルとして、動き、表情、行動などがアニメーション&デザインのチームによって研究された。また同作のメガホンを取ったジェームズ・ガン監督の厚意によりセットにも招待され、ガン監督やキャストとの交流を楽しんだそうだ。


そんなオレオ君が一躍”時の動物”になったのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のロンドン・プレミアに、再びガン監督の厚意で招待された時のこと。セットで会ったガン監督のことを覚えていたオレオ君は、再会するなり監督の肩の上に乗り、レッドカーペットに一緒に参加。その愛らしい姿がファンの間でも大きな話題になった。

このたび、残念ながらオレオ君が英国現地時間2019年2月7日に天国へと飛び立ってしまったことが明らかに。詳しい原因は定かでないものの、病を発した後、すぐに病状が悪化してしまったそうだ。オレオ君を飼育していたレイラ農場がFacebookを通じて追悼の意を表している。

「今日は悲しいニュースがあります。我々のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーであり親友であるMr. オレオ・ラクーンが亡くなりました。胸が張り裂ける思いです。[中略] オレオ、(亡くなったペットがその主人を待つ)虹の橋で楽しい生活を送ってね。そこの皆さんが私たちと同じくらいあなたを愛してくれることを願って…いや、そうなると分かっています。あなたのことが本当に本当に恋しい。オレオ、高く飛ぶんだよ。私たちのスーパー・ヒーロー。」

なお、ロケットが登場する次回作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』。オレオ君のご冥福をお祈りします。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Source: Oreo and friends

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly