Menu
(0)

Search

『ロッキー4/炎の友情』ディレクターズカット版、ポーリーのロボット登場シーンは削除へ

『ロッキー4/炎の友情』ロボット
© MGM/UA 写真:ゼータ イメージ

ロッキー4/炎の友情』(1985)の公開から35周年を記念した、ディレクターズ・カット版の製作が順調に進められているようだ。残念ながら、身の周りの世話から何まで出来る、“ポーリーのロボット”の登場する場面が削除される予定なのだという……。

主演・監督・脚本を手掛けたシルベスター・スタローンは2020年7月初旬に、『ロッキー4/炎の友情』ディレクターズ・カット版の存在を公表。約一ヶ月半の時を経て、スタローン自身のInstagramにて投稿された内容には、ロッキー・バルボアとイワン・ドラゴの姿を捉えた画像と共に意気込みが綴られていた。「今のところ素晴らしい作品に仕上がっています。魂が込められていますよ」

多くの人が投稿に歓喜する中、ロボット登場の有無について問われたスタローンは、「ロボットは永遠に廃品投棄場に送られます。これ以上、ロボットが登場することはありません」と断固として否定。削除撤回の要望が殺到する中、「ロボットのことが好きでは無くなった」と返答しており、引き下がる様子は無さそうだ。

本作の劇中、唐突に登場したとも言えるロボットに対して、違和感を芽生えた者が多くいたのは事実。一方で、名場面・名キャラクターとして愛している者も多く存在する為、悲しいお知らせであることも間違いないだろう。しかし、本作を愛する者としては、ロボットが登場しなくても、それを物ともしない仕上がりに期待せずにはいられない……。

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com , Sylvester Stallone Image

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly