Menu
(0)

Search

『ロッキー4』ディレクターズ・カット版、2021年11月に米国公開へ ─ ロッキーVSドラゴのポスターも公開

https://www.instagram.com/p/CP2ERF3pweQ/

ロッキー4/炎の友情』(1985)の公開から35周年を記念して製作が発表されたディレクターズ・カット版が、2021年11月11日に米国公開されることが発表された。あわせて、ポスタービジュアルも到着している。ロッキーとドラゴの熱き戦いを捉えた仕上がりに期待が高まるばかりだ。

2020年7月、主演・監督・脚本を手掛けたシルベスター・スタローンは、ディレクターズ・カット版の製作が進行中であることを発表。製作が終了したのは、そこから9ヶ月後のこと。その後、スタローンは「プレミアはフィリー(フィラデルフィア)で行われる予定」と、ロッキーの故郷への凱旋を予告していた。プレミアの時期については依然として不明のままだが、このたび発表された一般向けの劇場公開よりも前に実施されることは間違いだろう。なおディレクターズ・カット版は、4K版として上映されるとのことだ。

ディレクターズ・カット版の題名は当初、『Rocky vs. Drago – The Ultimate Director’s Cut(原題)』と発表されていたが、以前公開されたポスタービジュアルでは、『Rocky Ⅳ Director’s Cut(原題)』と記されていた。そしてこのたびのポスタービジュアルでは、『Rocky Ⅳ Director’s Cut – Rocky vs. Drago(原題)』と表記されている。正式なタイトルはどうなるのだろう。

ちなみにディレクターズ・カット版では、身の周りの世話から何まで出来る、“ポーリーのロボット”が本編から削除されることが伝えられている。スタローンは、「ロボットは永遠に廃品投棄場に送られます。これ以上、ロボットが登場することはありません」と断固として登場を否定。その後、削除撤回の要望が殺到するも、「ロボットのことが好きではなくなった」と返答していた。ロボットが好きだった方々にとっては、悲しい知らせと言えるだろう。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly