Menu
(0)

Search

シルベスター・スタローン、『ロッキー・ザ・ファイナル』は「究極の挑戦でした」─ 第5作から16年、「困難を乗り越えて完成」

https://www.instagram.com/tv/CcL9eObpua_

ボクシング映画の金字塔、『ロッキー』シリーズ。1976年の1作目を皮切りに、『ロッキー・ザ・ファイナル』(2006)に至るまで計6作品が公開されている。完結編である『ロッキー・ザ・ファイナル』は、主演・監督・脚本を務めたシルベスター・スタローンにとって、特に思い入れのある作品として心に刻まれているようだ。

2022年4月中旬、Instagramにてスタローンは、『ロッキー・ザ・ファイナル』のノスタルジックな舞台裏映像を公開。その投稿には、「第6作(『ロッキー・ザ・ファイナル』)は大好きです」としながら、「これまでで最も困難な挑戦でした。実現するのに12年以上もかかりましたからと綴られている。1990年に第5作目が公開されたあと、『ロッキー・ザ・ファイナル』のアイデアは早い段階から練られていたようだが、誰ひとりとして作りたがりませんでした。ジョークと思われていたんです」と、スタローンは完成までの長い道のりを明かしている。

不朽の名作として知られる第1作目から30年の時を経て製作された『ロッキー・ザ・ファイナル』。最愛の妻を亡くしたことへの喪失感を抱えていたロッキーだが、プロボクサーとしてリングに再び上がることを決意し、現世界王者と白熱した戦いを繰り広げる姿が描かれた。批評家からも高く評価された本作を、スタローンは「前作の関係者たちが誰もやりたがりませんでしたが、あらゆる困難を乗り越えて、完成に至ったんです!!!」と述べている。

「最も印象に残っている映画と訊かれたら、間違いなく『ロッキー・ザ・ファイナル』というでしょう。あれは究極の挑戦でした。『ロッキー』1作目はもちろん素晴らしかったです。ただ、この映画はもはや夢のような企画でした。12年ものあいだ実現させるまで、否定的な意見に立ち向かい続けたんです。いつの日か、この話を全て話すつもりですよ。」

本作後の物語としては、『クリード』シリーズで描かれつづけている。『クリード 炎の宿敵』(2018)に続く第3作は、2022年11月23日に米公開予定。なおスタローンは以前、「全10話構成で、数シーズンかけて、若き頃のキャラクターたちの核をしっかりと捉えたい」としながら、ロッキー』前日譚企画の本書きを開始したことを明かしていた。こちらも実現することを願うばかりだ。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly